BLESS YOU/BLESSCODE~レビュー192曲目~

音楽感想

~BLESS YOU収録CD紹介~

・ベストアルバム「BLESSYOU-Complete Best-」収録




~BLESS YOU感想~

バンドが解散する前に、今までリリースした楽曲を全て聴くことが出来るコンプリートベストをリリースしたのですが、その最後を飾るベストアルバムのみで聴ける1曲です。

切ないピアノ演奏から始まる名バラード曲です。
今回も歌詞を合わせて紹介させていただきますが、諸事情により耳コピ歌詞記載とさせていただきます。
正しい表記などは確認でき次第修正させていただきます。

“夢を抱き生きた日々を
いつか思い出すだろう”
―「BLESS YOU」歌詞より引用―

主人公が過去を振り返る言葉から始まります。
現実に照らし合わせると、BLESSCODEというバンドは解散はしてしまうが、結成からその日までの、夢を見て活動していた生き生きした日々を振り返っているのでしょう。

“この声は聞こえてるの
この歌は届いてるの
君と見たあの空は
変わらないまま

手にしたもの
なくしたもの
何もかもが愛おしくて
胸に刻み込んで この日の事を忘れぬように”
―「BLESS YOU」歌詞より引用―

歌詞に登場する「君」は、この曲を聴いている人自身を投影して問題ないでしょう。
外の光景は全く変わらなくて、歌っている意味があるのかと、問いかけているように思います。

活動をしている内に手にしていたものも、失ってしまったものも、全て自身を構成する経験として未来に活かしていけるよう……そんな決意を感じます。

“笑いあって ぶつけあって 許しあい 絆深め
支えあって 想いあって 助けあって
与えあって 奪いあって 高めあいながら生きて
時を糧に明日へ進もう

BLESS YOU 君へ
いつまでも
BLESS YOU 君へ”

―「BLESS YOU」歌詞より引用―

主人公にとって、過去の経験は本当にかけがえないものになっているのだと思います。
様々な思い出を胸に未来へと進んでいこう、という意思が感じられます。

だからこそ、最後の歌にして、君を祝福すると歌う事が出来るのです。
自分達はこの経験を元に良い未来へと進んでいくから、君も幸せでいて欲しい、と。

解散の思い出がある私としては少し悲しい曲ですが、しかし過去の経験から確かな勇気を貰えそうな1曲でもあります。
是非皆さんも1度聞いてみて下さい。




~リンク~

BLESSCODEレビュー曲一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました