Imperial City/BLESSCODE~レビュー15曲目~

~基本紹介~

・5枚目のシングル「Imperial city」収録

・コンプリートベストアルバム「BLESS YOU-Complete Best-」収録

スポンサーリンク



~感想~

ヴィジュアル系バンドは毎年多くのバンドが生まれ、数多くのバンドが知られる事も無いままに解散してゆきます。

BLESSCODEというバンドも、地元だから応援したいとは思っていましたが、知った当初はそんな数多くあるバンドのひとつになってしまうかもしれない、とも考えていました。

それから1年弱、この曲を耳にするまでは。

昨日紹介した、Dが設立したGOD CHILD RECORDSというレーベルからの発売(事務所に所属、ではなく、制作環境や流通経路の提供、という形だったように思います)、

数多のヴィジュアル系バンドをプロデュースされた、岡野ハジメさんという方のプロデュース(シドやJanneDaArcもプロデュースされていたようです)

サポートベーシストにはSadieという別のヴィジュアル系バンドで活躍されていた、亜季さんという方を迎え、

そこら辺の地方バンド、という括りには収まらなくなっていたのです。

イントロからピアノ、シンセサイザー、そしてクリーンなギターが奏でるスタイリッシュな雰囲気に、この曲のクオリティの高さが感じられます。

さらにその曲を彩るボーカル・masayaさんの艶のある低音から、サビで響き渡る力強いハイトーンボイスに、私はこのバンドの未来を期待したくなる気持ちを自覚したのを覚えています。

長く活動しているバンドの初期の音源を聴いていると、今とは全然違う初々しい声や音をしていて、ここから成長して今の高いクオリティになったんだな、と思う事が多々あり、バンドは長く続けていると成長する、というのをわかっていたので、BLESSCODEはここから成長するという事は一体どんなモンスターバンドになるのかと、期待に胸を躍らせてしまったのです。

このImperial cityがBLESSCODEのラストシングルになると、当時は全く想像していませんでしたので……

解散から数年経った今でも、やはりこの曲のクオリティは高いな、と思います。

スポンサーリンク



~動画~

BLESSCODE/Imperial CityMV FULL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA