ギロチン/BugLug~レビュー92曲目~

~ギロチン収録CD紹介~

・6枚目のシングル「ギロチン」収録

・1枚目のアルバム「G.A.G」収録

・ベストアルバム「絶唱〜Best of BugLug〜」収録

スポンサーリンク



~ギロチン感想~

独特で、サイケデリックな印象を持つノリの良いイントロから始まります。

リズムも、拳ノリが似合うようなロックチューンとなっています。

“背徳が滲む夜
プレゼント詰め込んで
さあでかけよう
燃え盛る この心
言うならば 「復讐」の
はじまりはじまり
「Present for you」”
―「ギロチン」歌詞より引用―

歌の主人公は一体何に復讐したいのでしょうか……?聴きやすいメロディにのせて歌われるのは、これから何かが起こる事を予感せざるを得ないような歌詞となっています。

“嫌嫌嫌嫌嫌 もう許せない
今「制裁」 私 が 絶対。
嫌嫌嫌嫌嫌 従うなら
すぐ 私の前で おとなしく跪け”
―「ギロチン」歌詞より引用―

歌詞では淡々と制裁、と書いてありますが、実際には「制裁!制裁!制裁!制裁!」と「裁!」の部分で拳を振り上げるのが似合うような盛り上がりを見せます。

例えば、普段自分を表に出すのがあまり得意ではないような人が突然キレてしまったりするのに似たような勢い、力を私は感じました。

普段では発散出来ないようなストレスをノリと言葉にのせて発散させるのにとても良い曲ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました