cali≠gari配信企画「ピーピング♥エロチカ2020」を見てみた!(2020.10.25)

ライブレポート

セットリスト

1.エロトピア

2.ミルクセヰキ

3.トカゲのロミオ

4.トレーションデモンス

5.淫美まるでカオスな

6.ポラロイド遊戯

7.わずらい

8.僕は子宮

9.デリヘルボーイズ!デリヘルガールズ!

10.スクールゾーン

11.真空回廊

12.原色エレガント

13.さかしま

14.青春狂騒曲

15.ブルーフィルム

16.Sex On The Beach

感想

今回は、cali≠gariさんのツアー「プライベート♥エロチカ2020」を特殊配信で見る、「ピーピング♥エロチカ2020」を見てみました!

今回私が買ったのは、自称関係者席!

1回でいいから関係者ぶってみたい……違った、本音がポロリした、ええと、他の配信席がプロンプター(歌詞モニター)席、ギター席、袖からのスタッフ席と非常に尖りまくっている席ばかりで、それならば恐らく後方配信になるがステージ全体をパッと見渡せるのは自称関係者席しか無いだろうと判断して購入に至りました。

値段が他よりも格安だから……という理由も、無いと言えば嘘になる程度にはありましたが……

そしてこの選択は正解だったなぁと思うのです(他の席も勿論最高だったと思います、距離は遠目だったので……)

ライブ自体は、私自身が後半の「青春狂騒曲」と「ブルーフィルム」以外の曲をあまり聴き込んでいなかったのですが、「エロチカ」と銘打たれているだけあって、かなり色気満載、色気大爆発な曲が多かった印象。

しかも今回、第一部と第二部とあり、セットリストが全く同じなようで、途中MCで、「セットリスト変える?」「歌うのやめる?」とか言っていて、面白いなぁこの人達……wとも思っていました。

(責め立てるような疑問形でなく、単純な疑問、或いはボケのテンションでした)

「僕は子宮」の始まりでみんな座って聴きたいんじゃないかって話から、曲の雰囲気に合わせたゆったりとした座り方講座(?)みたいなのが始まった時は個人的には一番面白かった……w

自称関係者席の良い所。

1つ、遠目ではありますがメンバー全員をちゃんと見られる所。

他の席は買っていませんが、注意書きを読むに、近すぎて一部のメンバーが時々フレームアウトする事は前提のようです。

2つ、客席のノリもよくわかる所。

私はcali≠gariさんのライブほぼ初めてに等しいので、ここ重要です。ほら、初めてのライブって大体、後ろの方で見ながら振り付けを見よう見まねでやったりしませんか?え、私だけ?

ついでに、初めてに限らず大抵のライブを後方から見る習性がある私にとっては、まさにいつもライブで見る視点に近い状態で楽しむことが出来ました。

3つ、客席からお客さんがいなくなった後の、撤収の様子までじっくり見られる。

ドラムセットを入れるケースとか初めて見ましたよ……

流石に色々機密情報が飛び交う可能性があるからか、マイクは一旦オフにされていましたが、普通の関係者さんもああいう感じで待つんでしょうか?

4つ、メンバー挨拶が近い!近い!めっちゃ近い(落ち着け)

何か、特別感を感じました。勿論それぞれの席で色々独り占めしている視点がある訳ですから、それぞれに特別感はあると思うのですが、こういう特別感、私は大好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました