Night-ship”D”/D~レビュー14曲目~

~基本紹介~

・2枚目のミニアルバム「PARADOX」収録

・オムニバスアルバム「TREASON-the cutting edge of Rock press-」参加

スポンサーリンク



~感想~

メタリックでハードなサウンドが特徴的なDのライブでは高確率で演奏されると思われるこの曲、何かのシングルになっているのかと思いきや意外とそうではありませんでした……

重厚なギターサウンドと軽快なドラムが、まるで夜の海の中を航海するような光景を思い描かせます。

その重厚さから、渡っているその海は決して静かな海ではなく、そこを進む船は力強く、決して壊れぬ船なのではないかと思えてきます。

ライブでは、黒生地に赤文字、赤記事に黒文字で「D」と書かれた一対のフラッグを曲に合わせてファンが振り、その大勢のファンの目の前で、ボーカルのASAGIさんが堂々と歌い上げる様が展開されます。

ASAGIさんを船長としたライブ会場という船に、メンバーと一緒に乗り込んでいるかのような感覚にすら陥ります。

その一体感が、曲を聞いているだけでも滲み出てくるようです。それこそが、長い間ライブの定番曲を飾っている、この曲の魅力と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました