「SAIL AWAY/EVERSSIC」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

EVERSSIC「SAIL AWAY」MV FULL

SAIL AWAY収録CD紹介

・ミニアルバム「SAIL ON MUSIC」収録

SAIL AWAY感想

イントロから「SAIL AWAY…」と高らかに、伸びやかに聞こえてくるボーカル、心地の良いドラム、爽やかなギターリフと、まるで船に乗って帆を上げ、風を切るかのような疾走感を感じられる曲になっています。

“Go ahead 朝陽が揺れる凪と 波音を背に
さあ 新たな海へ旅立とう キミとこの船で”
―「SAIL AWAY」歌詞(作詞:masaya)より引用―

歌詞も楽曲の雰囲気と似合っていて、今からこの希望溢れる海へ、キミと共に旅立とう、という爽やかな決意が歌われています。
この曲はEVERSSIC始動1枚目のリリースとなるミニアルバムのリード曲として収録されていますので、これから音楽界という海をファンの人達と共に進んでいこう……そんな意思の表れでもあると思います。

“愛し抜け この風を
身体中に受けて
どこまでも往こう エルドラドの彼方へ
愛し抜け 荒波さえも
キミとなら怖くない
夜明けの歌 高らかに響かせよう”
―「SAIL AWAY」歌詞(作詞:masaya)より引用―

とても爽やかで耳にスッと馴染みやすいサビです。
「愛し抜け この風を」辺りで鳴っているほわんとした笛のような音が、この楽曲にさらに爽やかさをプラスしているように思います。

「夜明けの歌 高らかに」の辺りのボーカルの爽やかな高音も一聴の価値があります。

まさに、本当に船のデッキに立って、風を切りながら歌声を高らかに響かせているかのようです。

アウトロになると、もっと素晴らしいファルセットが響きます。

まさしく、これからこのバンドが音楽界という大海へ漕ぎ出す、その最初の一曲として、メンバーそれぞれが高い実力を遺憾無く発揮していますので、是非一度聴いてみてください。

リンク

EVERSSICレビュー曲一覧
50音順です・SAIL AWAY他のアーティストレビュー曲一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました