「君のスカートが短くて/ゴールデンボンバー」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

君のスカートが短くて

君のスカートが短くて収録CD

「もう紅白に出してくれない」(ゴールデンボンバー4枚目のアルバム)収録曲感想
ゴールデンボンバーのアルバム「もう紅白に出してくれない」の感想です!

君のスカートが短くて感想

“君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
誰かに見られんじゃないかって
気が気じゃない僕がいる
oh…”
―「君のスカートが短くて」歌詞(作詞:鬼龍院翔)より引用―

クリーンギターでアップテンポな感じで始まる良い曲なのに、歌っている内容はスカートの心配です。
しかも穿いている本人ではありません、スカートを見つめている男の視点です。
誰かに見られるんじゃないかという心配……いや貴方が既に見ていますよね?

“ちょ、危ないだろう
何故そんな短いの穿くのさ
ほら、男共
君が見える位置にいる”
―「君のスカートが短くて」歌詞(作詞:鬼龍院翔)より引用

クリーンギターパートが終わり、疾走感を醸し出す、刻むギターが心地良いAメロ。
この「ちょ、」が本当に一瞬で、油断したらギターと一緒になって聞き逃しそうなところが個人的に好きだったりします。
女性が短いのを穿くのは自由ですよね。
もしかしたら色んな男性をちょっと誘惑したい女性なのかもしれません。
けれど、そんな女性を狙う男は、歌詞の主人公を含めて沢山いるようです。
その中でも主人公はPVみたいに、全体が見える少し遠目の位置にいるのかもしれませんね。

“危機感の無さに呆れたよ
袋のネズミさ
(チューチュチュッチュッチュー)
そよ風でも吹いたなら何人かに
中が見えるだろう
嫌だなぁ…”
―「君のスカートが短くて」歌詞(作詞:鬼龍院翔)より引用―

少しゆったりとしたイメージながらもテンポを崩さないBメロ。
歌詞の中で主人公が、吹くのを恐れているそよ風のようなイメージです。
「何人かに中が見えるだろう 嫌だなぁ…」って、女性がスカートの中身見られるのを嫌がるなら、貴方に見られる事も同じ様に嫌がるという発想には至らないんでしょうか、この主人公は。

“君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
誰かに見られんじゃないかって
気が気じゃない僕がいる
誰にも見せないでよ
僕の部屋の中でだけ穿いておくれ

君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
今すぐ君を長い筒か何かで
包んじゃいたい僕がいる
oh…
―「君のスカートが短くて」歌詞(作詞:鬼龍院翔)より引用―”

そして今度は冒頭のメロディを、1オクターブ上げて、疾走感溢れるバンドサウンドと共に。
こんなに曲はカッコ良いのにやっぱり内容はスカート。
何故部屋の中でだけスカートを穿く必要があるのでしょうか。独占したい主人公の欲望が暴走しています。
長い筒で独占するというのは、周囲から見られるのを防いで、上からだけ見られるようにしたい、という気持ちの現れなのでしょう。
紹介している動画の通りのシチュエーションなら、主人公は家の2階の窓(多分)という、高い位置から女性を見下ろしているシチュエーションになりますので、自分だけ見たいという事なのでしょうね。

男性なら、男性の友人同士で集まってカラオケで歌ったりすると、共感が共感を呼び盛り上がるかもしれません。
女性の前で歌うのは鬼龍院さんでも無い限りは避けた方が無難な1曲だと思います。

歌詞

「君のスカートが短くて」
作詞:鬼龍院翔

君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
誰かに見られんじゃないかって
気が気じゃない僕がいる
oh…

ちょ、危ないだろう
何故そんな短いの穿くのさ
ほら、男共
君が見える位置にいる

危機感の無さに呆れたよ
袋のネズミさ
(チューチュチュッチュッチュー)
そよ風でも吹いたなら何人かに
中が見えるだろう
嫌だなぁ…

君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
誰かに見られんじゃないかって
気が気じゃない僕がいる
誰にも見せないでよ
僕の部屋の中でだけ穿いておくれ

君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
今すぐ君を長い筒か何かで
包んじゃいたい僕がいる
oh…

男共を甘く見るな
死ぬ気で見て来る
(チューチュルッチュッチュッチュチュー)
今すぐ下にジャージを穿いてくれ
目撃されてしまう前に

君のスカートが短くて
ハラハラしている僕がいる
誰かに見られんじゃないかって
気が気じゃない僕がいる

君にスカートを伸ばせって
言いたくて言えぬ僕がいる
彼氏でも何でも無いからね
筋合い無いってわかっている

キラキラ笑顔で遊んでる君は
この世の何よりも美しいけど
他の男に見られたくないんだ
特にそのスカートの中を…

できれば君を連れ去って
あり得ない秘密道具で
手のひらくらいの背にして
毎日眺めていたいんだ
でも僕はサイコパスじゃない
当然彼氏でもない
だから静かに見守ろう
スカートが伸びるようにと
君のスカートが…
君のスカートが…

リンク

タイトルとURLをコピーしました