「幸せな歌/ゴールデンボンバー」を聴いてみた!~203曲目~

V系一曲レビュー

試聴

幸せな歌収録CD紹介

・サウンドトラック「剃り残した夏」収録



幸せな歌感想

体をゆったりと横に揺らしたくなるような、弾き語りにすると似合いそうな、とてもキャッチーな1曲。
ライブだと両手を上げて横に振りたくなりますね。

“幸せな歌を歌いたい
けれど僕は幸せを知らない
ゆっくりと流れた季節の中
諦めたものは
あの人か 僕の夢か”
―「幸せな歌」歌詞より引用―

軽やかにスキップをするようなピアノと、シンプルなアコースティックギターが織り成す穏やかな空間。

曲が穏やかなので、「幸せを知らない」と歌われていても暗くなり過ぎず、知らないからこそ幸せな歌を歌えるように幸せになりたいと、前向きになれる印象すら受けます。

“今夜はあなたを忘れたい
胸に残るこの想いも
風に乗せ消えてしまえばいい
いつか二人 分かり合える

幸せな歌を歌いたい
けれど僕は幸せを知らない
セックスの歌とか歌いたい
けれど僕はした事がない”
―「幸せな歌」歌詞より引用―

例えばこの歌の主人公は売れないバンドマンで、でも好きな「あなた」には就職するように言われたりして、反対されていたりするのでしょうか。

だからこそ、「あの人」=「あなた」か、「僕の夢」どちらかを諦めなければいけない状況にあるのかもしれません。
でも主人公はいつか「あなた」が「僕の夢」を理解してくれる、そんな幸せな未来を望んでいるのだと思います。

そしてそんな幸せな未来を経験して、「あなた」との幸せな歌を歌いたい……そんな気持ちを歌詞にしているのだと思います。
恐らく恋愛経験はあまりなく、故に欲望をしっかりと反映した単語も出てきてはいますが……

幸せになりたい気分を歌う、とても穏やかな気持ちになれる1曲となっていますので、是非聴いてみて下さい!



歌詞

幸せな歌を歌いたい
けれど僕は幸せを知らない
ゆっくりと流れた季節の中
諦めたものは
あの人か 僕の夢か

今夜はあなたを忘れたい
胸に残るこの想いも
風に乗せ消えてしまえばいい
いつか二人 分かり合える

幸せな歌を歌いたい
けれど僕は幸せを知らない
セックスの歌とか歌いたい
けれど僕はした事がない

やっぱり駄目だった僕らだけど
巡り合えて良かった
辛いのにそう思うよ

できればあなたを奪いたい
たとえ今は戯言でも
眠れぬくらいなら 愛せばいい
もう一度会うその時には

幸せな歌を歌いたい
けれど僕は幸せを知らないんだ
同棲した歌とか歌いたい
けれど僕はした事がない

幸か不幸か、した事がない

リンク

ゴールデンボンバー曲感想記事一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました