「タツオ…嫁を俺にくれ/ゴールデンボンバー」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

ゴールデンボンバー/タツオ…嫁を俺にくれ Full size(PV)

ゴールデンボンバー/タツオ…嫁を俺にくれ(LIVE映像+CD音源)

タツオ…嫁を俺にくれ収録CD紹介

・アルバム「もう紅白に出してくれない」収録

タツオ…嫁を俺にくれ感想

ネットニュース等ではよく、ボーカルの鬼龍院さん以外に音楽性が無いと言われているゴールデンボンバーですが、この曲はドラムの樽美酒研二さんが作詞作曲されているという大変珍しい曲です。

そして、研二さんが曲が出来たと鬼龍院さんに提出したら、鬼龍院さんからボーカルチェンジを提案されたのだとか!

鬼龍院さんのこのブログ記事にも、ボーカルを提案したと、後半にさらっと書かれています↓

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔『翔さん、燃え尽きてる場合じゃないのよ』
僕は昨晩、全国ツアーの全てが終わって家に着いてからわかりやすいくらい、抜け殻のように燃え尽きていましたよ←ほんとこんな感じ笑いや、なんか、こんだけわかりやすく…

「サビがなかなか良いメロとコード進行だったのよ!」と鬼龍院さん大絶賛ですね。

この曲(同シングルのカップリング曲「近所の奥さんを支配する」も含む)だけ、ボーカルが樽美酒研二さん、ドラムが鬼龍院翔さんのパートチェンジが行われています。

それでも全く問題無いのがゴールデンボンバー!なぜなら、エアバンドだから。ボーカルさえ歌えてしまえば後はどうにでもなるという……

楽曲はイントロを含め全体的にヴァイオリンとピアノを使っているので優雅な印象の楽曲となっています。

“君はライバル タツオ 嫁を俺にくれ”
―「タツオ…嫁を俺にくれ」歌詞(作詞:樽美酒研二)より引用―

ライバルの君であるタツオは、ゴールデンボンバーの楽曲を実際に収録時に演奏している、ゴールデンボンバーが大変お世話になっている、いわゆる「中の人」のtatsuoさんの事です。
自身でバンドをされていた時もあり、研二さんは、楽器のメンテナンスなどをするローディーとしてお世話になっていた時期もあったり、また、そのつてでゴールデンボンバーに入る事が出来た訳なのですが……

そんなお世話になっている人物に対して、「嫁を俺にくれ」とは何たる失敬な!とツッコミを入れたくなりますね。

“思いだす あなたの面影
1人ぼんやりと過ごす 昼下がり晴れ

何してる?会えないよね?
不自由ならば助けてやるよ”
―「タツオ…嫁を俺にくれ」歌詞(作詞:樽美酒研二)より引用―

人の嫁さんが気になりすぎてぼんやりとする男が1人。

嫁さんは好きでタツオさんの所にいるのであって、束縛されて不自由という訳ではありません!と説教をしてみても、聞く耳を持たないくらい思い込みが激しそうです。

“君はライバル タツオ 嫁を俺にくれ
強く抱きしめたい 壊すほど勇気ないけど
一晩だけでもいいよ”
―「タツオ…嫁を俺にくれ」歌詞(作詞:樽美酒研二)より引用―

一晩だけでもいい……そんな訳ないでしょうがとツッコミを入れつつも、名曲っぷりに耳を澄まさずにはいられません。

ゴールデンボンバーだからこそ出来る何でもありの試みと精神で発売された曲ですが、それでいてこれだけ面白いのは、メンバーもゴールデンボンバーの楽曲には面白さが求められている、とは伝わっている証拠だと思っています。
もしくは鬼龍院さんを越える名曲なんか出来る訳無いんだからネタに振り切ればゴールデンボンバーだし何とかなる、の精神かもしれませんが……

一番最後に加入したドラムがこれだけ面白い楽曲を発表しているので、他のメンバーも何か作ったりしないのか、期待せずにわくわくする結果となった事を最後に付け加えて〆とさせていただきます。

リンク

ゴールデンボンバー タツオ・・・嫁を俺にくれ 歌詞
ゴールデンボンバーの「タツオ・・・嫁を俺にくれ」歌詞ページ。「タツオ・・・嫁を俺にくれ」は、作詞:樽美酒研二、作曲:樽美酒研二。
ゴールデンボンバー曲感想記事一覧
今までに書いた、ゴールデンボンバーの曲の感想記事一覧です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました