「25億秒の使い方。」/HERO~レビュー168曲目~

~試聴~

~「25億秒の使い方。」収録CD紹介~

・9枚目のシングル「25億秒の使い方。」収録

・4枚目のアルバム「to you…」収録




~「25億秒の使い方。」感想~

今回はイントロもなく、いきなりAメロから始まり、しっとりと聞かせてくれるロックバラードとなっています。

“僕が生まれた時神様に
与えられたであろう25億秒
それをどれくらい君に使えるだろう?

僕に残されている時間は多分18億秒ぐらいだから
君に出会う前の7億秒は無駄だったって そう思ってたけど”
―「25億秒の使い方。」歌詞より引用―

では、「25億秒の使い方。」を考えるに辺り、ちょっと算数のお時間です。

1日は60秒×60分×24時間=86,400秒

1年は86,400秒×365日=31,536,000秒

つまり、25億秒をこれで割ってしまうと、

2,500,000,000÷31,536,000=79.27447…

大体79年、という事になります。79年とは一体何なのか、それは2019年8月現在、Googleで「人間 寿命」と検索するとGoogleが返してくる数字です。

諸説あるとは思いますが、人間の寿命という事ですね。PVで犬の映像が流れているので犬と思いがちですが(私も計算するまでは犬と思っていました)、25億秒は人間の寿命です。
ちなみに同様の計算で7億秒を計算してみると、22年となります。人が誰かと出会い、恋愛をし、結婚するには十分な期間ですね。

“今まで生きた7億秒の中で違う道を
ひとつでも選んでいたら
君に出会うことは出来なかったかもな
そう思ったら今までの7億秒に大きな意味が見えないかい?”
―「25億秒の使い方。」歌詞より引用―

出会うまでのおよそ22年間が無駄だったと思えるほどに大切な人に出会う事が出来た主人公ですが、それまでに、例えば1度でも違う学校に行っていたり、違う部活をしていたり、違う会社に就職したり……1回でも違う道を選んだ人生であったら、その人に出会う事が出来なかった。
君に出会う為の22年だったんだ、と思えば、それまでの人生にも意義があるという事のようです。

“いつだって隣で一緒に笑っていてくれた君だから
0(ゼロ)を迎えて眠る時が来たら
側で君が泣いているそんな最後が良い。”
―「25億秒の使い方。」歌詞より引用―

泣かせてくれるメロディのサビです。
死ぬ時に側で伴侶が泣いている……そんな光景は、それまでの人生を2人で幸せに過ごさないと訪れないものですから、ずっと2人で幸せに生きていたいと、そんなメッセージも込められています。

可愛い犬が出てくるPVも泣けるPVになっています、権利関係上直接リンクを貼る事は出来ませんが、Youtubeで検索して是非見てみてください!




~リンク~

HERO 25億秒の使い方。歌詞―J-Lyric.net
HEROレビュー曲一覧はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA