「絶望にサヨナラ/蜉蝣」を聴いてみた!

音楽感想

絶望にサヨナラ収録CD紹介

・シングル「絶望にサヨナラ」収録

・アルバム「愚弄色」瞬間

・アルバム「心中歌」収録

絶望にサヨナラ感想

シンプルに疾走感が心地良くカッコ良いロックチューン。

どこまでも勢いを止めずに走り抜けるかのような曲となっています。

“まだ涙がとまらない
まだ震えがとまらない
今 見てた夢が怖くて lalalala…

黒い雨に打たれながら
絶望するヒトの夢を見た
ソレはきっと自分を映し出していた”
―「絶望にサヨナラ」歌詞(作詞:大佑)より引用―

軽快なテンポは曲が始まっても衰える所を知りません。
なのに、歌詞が絶望を描いているギャップがあり、まずは絶望が全力で襲いかかってくるような感覚があります。

でもそれは、主人公が感じた絶望の追体験でもあるんです。

“いつも逃げる事で自分を
守って守り続けたけれど
寂しさ虚しさが募っていくだけさ
立ち止まって動けない
そんな人に伝えて欲しい
まだ君は腐るには早すぎるだろ”
―「絶望にサヨナラ」歌詞(作詞:大佑)より引用―

二番のサビの歌詞で、力強い応援の言葉が紡がれているのが好きですね。

一番で先に自分も絶望した様子を描いているからこその、「君はまだここまで絶望するのには早いだろう?」という同じ目線からの応援の言葉です。
ただ安直に「頑張れ」と言われるより、力を貰えるような気がします。

“さぁ一緒にいこう
もう黒い雨は止んだから
後ろは見るな もう一度言うよ
後ろは見るな”
―「絶望にサヨナラ」歌詞(作詞:大佑)より引用―

そして、同じ目線だからこそ、一緒に行こうと声をかける事が出来るのです。自分も絶望していたけれど先へ進んで行く、だから君も一緒に行こうと。
大切な事なので2回繰り替えされる「後ろは見るな」はやはり、後ろを振り向くと絶望の黒い雨に再び囚われてしまう、という意味なのでしょうか。
だからもう後ろを振り返ること無く一緒に前に進んで行こう、という事なのでしょう。

ボーカルの力強い歌声が、今を乗り越える力を与えてくれる一曲です、是非一度聴いてみて下さい。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Music CDアップロード音源

イヤホン:CCA C12

イヤーピース:ダルマオーディオ 椀

ケーブル:Yinyoo KBX4919

リンク

蜉蝣 絶望にサヨナラ 歌詞―J-Lyric.net

蜉蝣曲感想記事一覧
50音順です。曲感想記事一覧・腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君・絶望にサヨナラ・夕暮れの謝罪リンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました