「世界には愛しかない/欅坂46」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

欅坂46『世界には愛しかない』

世界には愛しかない収録CD紹介

・シングル「世界には愛しかない」出版

・アルバム「真っ白なものは汚したくなる」収録

世界には愛しかない感想

最初、ピアノで切なく始まるかと思いきや、そのままテンポがアップし、クリーンギターやストリングスが合わさり、一気に爽やかな雰囲気に変貌し曲が始まります。

爽やかな風と青々と広がる大空や海が見えるようです。

“「歩道橋を駆け上がると夏の青い空がすぐそこにあった。
絶対届かないってわかっているはずなのに、僕はつま先で立って
思いっきり手を伸ばした。」

ただじっと眺め続けるなんて出来やしない
この胸に溢れる君への想いがもどかしい”
―「世界には愛しかない」歌詞(作詞:秋元康)より引用―

引き続き爽やかな雰囲気のまま、明るくまずは台詞が入ります。

その主人公はとても若い女子学生で、セーラー服のまま元気に歩道橋を駆け上がる姿が目に見えるかのようです。
しかしそれは欅坂46が全て女性メンバーで構成されているからで、歌詞だけで見ると一人称が「僕」な事もあり、男性視点を当てはめても成立するようになっていると私は考えます。

台詞が終わって歌部分では、片想いの辛さについて歌われています。

“「真っ白な入道雲がもくもくと近づいて、どこかで蝉たちが一斉に鳴いた。
太陽が一瞬、ひるんだ気がした。」
「複雑に見えるこの世界は、単純な感情で動いている。」

最初に秘密を持ったのはいつだろう?
大人はみんな嘘が多すぎて忘れてる”
―「世界には愛しかない」歌詞(作詞:秋元康)より引用―

この世界を動かす単純な感情は、この曲のタイトルを見れば分かりますね。そう、愛です。
それは自分への愛なのかもしれないし、他者への愛なのかもしれない。

最初に秘密を持ったのも、きっとそんな愛故の事の筈なのです。
しかし、大人になるにつれ、それが当たり前になって来てしまい、そこに存在する愛を忘れてしまうのでしょう。

“通り抜ける風は 僕に語りかける
もう少ししたら夕立が来る

世界には愛しかない
(信じるのはそれだけだ)
今すぐ僕は君を探しに行こう
誰に反対されても
(心の向きは変えられない)
それが(それが)僕の(僕の)アイデンティティー”
―「世界には愛しかない」歌詞(作詞:秋元康)より引用―

「通り抜ける風」という歌詞の通りに爽やかな風の流れを感じそうなBメロを経て、希望に満ち溢れたようなサビです。

世界には愛しかない、その愛だけを信じればいい。
その事に気付いた「僕」は、例えどんな反対を受けても確固たる希望を持って、愛を信じる信念を貫こうとします。

聴いていて、その爽やかさにとても清々しくなるような一曲ですので、是非一度聴いてみて下さい。

リンク

欅坂46 世界には愛しかない 歌詞
欅坂46の「世界には愛しかない」歌詞ページ。「世界には愛しかない」は、作詞:秋元康、作曲:白戸佑輔。
欅坂46曲感想記事一覧
50音順です曲感想記事一覧・世界には愛しかないリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました