「愛怨忌焔/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「愛怨忌焔」MUSIC VIDEO(流血・グロテスク表現有りの為閲覧注意)

愛怨忌焔収録CD紹介

・シングル「愛怨忌焔」収録
・ベストアルバム「二〇〇七~二〇一七」収録

愛怨忌焔感想

いきなりギターとドラムが強めのリズムを刻み、不気味な嗚咽混じりになるイントロが印象的なこの曲。

一度ベストアルバムで再録されていますが、今回は原曲版を聴きながら感想を書いてみます。

つらの皮を剥いでは化けの皮を縫い付ける
いつ なな
重ね重ねうそぶいて

恨めしくも愛しい… 心壊れた傀儡かいらい
いつ なな
重ね重ね欺き

「愛怨忌焔」”
―「愛怨忌焔」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

2小節毎くらいに激しく叩きつけるようなリズムと小刻みに激しく揺れるリズムが入れ替わり襲いかかるAメロ。

この曲のタイトルの元になったと思われる、「合縁奇縁」は不思議な巡り合わせ、という意味がありますが、「愛怨忌焔」は……愛の炎と怨みの焔が表裏一体。
出会って愛し合ったは良いが何かあるとすぐひっくり返るみたいな、そんな印象の言葉であるように思います。

歌詞も、愛と怨みの狭間で心を壊しながらもひたすら嘘を重ねて、相手なのか、それとも自分の本心なのかはわかりませんがどちらかを欺いている様子ではないかと思います。

Aメロが終わった後の「愛怨忌焔」はデスボイスによる掛け声と交互なので、ライブでもよく盛り上がっている所ですね。

“朧月を闇に落とす欲の黒い雨 その淵を愛でる吐瀉の海
ぎとり…ぎとり…垂れてくすむ欲の黒い雨 見開く眼に恍惚を”
―「愛怨忌焔」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビはとても荒々しい雰囲気があります。
「吐瀉の海」という言葉もありますので決して美しい光景ではありませんが、心の汚い部分にあるドス黒さで埋め尽くされ、塗り潰されてしまうような感覚です。
もしくは、PVの表現を用いるなら、その黒い雨の正体は真っ黒な血溜まりの黒さなのかもしれませんね。

リンク

愛怨忌焔/ 己龍の歌詞 『ROCK LYRIC』
己龍/愛怨忌焔の歌詞/面の皮を剥いでは化けの皮を縫い付ける …:『ROCK LYRIC』はロック特化型の歌詞検索サービスです。
己龍~うたパスプレイリスト~
※各楽曲のリンクから感想ページにジャンプします※当ブログの感想記事はプレイリストに入っているものとはバージョン・アレンジが違う可能性があります(該当楽曲はバージョン名部分にはリンクを入れていません)※プレイリスト収録曲一覧・花鳥風月...
己龍曲感想記事一覧
今までに書いた己龍の曲感想記事の一覧です
タイトルとURLをコピーしました