「アナザーサイド/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

アナザーサイド収録CD紹介

・シングル「アナザーサイド」収録
・アルバム「明鏡止水」収録(再録)
・ベストアルバム「二○○七~二○一七」収録(再々録)

アナザーサイド感想

今回はベストアルバム収録の再録版を聴いてみての感想です。

イントロで一番最初に響く和風のギターがとても印象的な曲。

“秋の朱い空に白く光る星を見つめ
僕の声に無理な笑みを作る君に気がついてた…”
―「アナザーサイド」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

3音で細かく途切れるリズムのメロディは、単調でありながらもどんどんと曲の世界観に引き込んでいくようです。

無理な笑みというのは、作っている本人は他の人に気づかれないよう隠しているつもりでも、他の人から見たら一目瞭然みたいな事、ありますよね……

そんな「君」の姿を見て寂しく思う「僕」の気持ちがひしひしと伝わってきます。

“アイツに別れを告げてから一年余りが過ぎて
僕を受け入れてくれた日もそんな顔をしてた…”
―「アナザーサイド」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

そこから、流れるようなメロディで回想に入ります。
「アイツ」というのは「君」が別れた元パートナーの事なのでしょうか?
別れた後の2人目が「僕」なのでしょうか。
でも、別れは告げられたのではなく告げたようですから「君」の意思で別れたのだとは思いますが……

“何時までも…思い出に縋って
何時までも…僕の事、本当に見ようとはしてくれないんだね…

そうやって現実に目を伏せて生きていく事が
何処までも…僕の心を傷つけているかわかっているのかな…

ねぇ…僕を見てよ…”
―「アナザーサイド」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Bメロでは畳み掛けるようなリズムで、主人公である「僕」の激情が吐露されています。
「君」はアイツに別れを自ら告げた筈なのに、過去の思い出にばかり縋っていて、目の前にいる「僕」の事を全く見ようとしていない……

これが好きでもない相手なら腹が立ちますし、とても好きな相手なら、Bメロの終わりのように泣き出しそうな声で「僕を見てよ」と言いたくもなります。

“僕の想いが千切れてく…君との愛を誓い
「ゆびきり」をした小指までも…
たった三センチだったけど ソレが君と…
嗚呼…僕を繋ぐ唯一の距離だったのに…”
―「アナザーサイド」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビは耳馴染みの良いロックで始まり、最後は美しく儚いファルセットを響かせながら終わります。

「僕」と「君」がゆびきりをしたのはいつの事だったのでしょうか?
私は何だか、まだまだ無邪気だった幼少時代の頃とか、そんな気がしてなりません。

念願の相手と付き合えた筈なのに、その心は自分を全く見ていなかった時のショックたるや……
この曲の世界観に共感できてしまう人も沢山いるのではないかと思える1曲です。

リンク

アナザーサイド(アナザーサイド収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
今までに書いた己龍の曲感想記事の一覧です

コメント

タイトルとURLをコピーしました