「花鳥風月」(己龍22枚目のシングル)収録曲感想

CD紹介

最近CD単位での感想が書けていなかったのですが、気がついたら収録曲が揃っているものがありましたので久し振りに書いてみます!

試聴

収録曲紹介

花鳥風月

和製ホラーをコンセプトにする己龍がストリングス系列の音色で幕を開ける楽曲を表題曲にしていたので最初はびっくりした記憶があります。

聴きなれた今となっては、少し枯れ歪みながらもまだ尚美しい世界を表現するのに、無くてはならない音の1つだと思っています。

伽藍堂

花鳥風月がやや独特な音運びをする楽曲だったからか、伽藍堂は己龍の中では比較的王道ロックぽく聴きやすく纏まっている印象。

サビで「から」と発音する言葉をよく使っている印象があり、曲の印象とは裏腹に空虚さに想いを馳せながら聴くことが出来ます。

舌切雀-再録-

通常盤のみに収録されている、シングル「叫声」に収録されていたものの再録版。

原曲を知っていたらバンドの表現力の進化を楽しむことが出来ますし、それでなくても色々な歌唱が詰め込まれているので、単純に和製ホラーの世界を堪能することが出来る一曲です。

すぅ……と吹き抜ける怪しい風のような歌声から、デスボイス、最後の喉を詰まらせた嗚咽のような声まで、どうぞ心ゆくまで己龍をご堪能下さい。

リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました