「悦ト鬱/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「悦ト鬱」MUSIC VIDEO

己龍「悦ト鬱」振付講座

悦ト鬱収録CD紹介

・シングル「悦ト鬱」収録

・アルバム「暁歌水月」収録

・ベストアルバム「二〇〇七~二〇一七」収録

悦ト鬱感想

今回はシングルに収録されている原曲の方を聴きながら感想を書いてみます。再録も良いのですが、シングルを聴いて好きだと思った曲なので……

まずは、再生してみると、琴や、他にも雅な音が流れてきて、艶やかに咲く華の様に色とりどりな世界が目の前に浮かぶようです。

“あれから幾日が経つのでしょう…心はもうその形を留める事など出来ないのです
からからから…と回る赤い風の音が唯一私を現に縛る手枷

あれから幾日も経たぬ間に 「絶ヲ望ム」想いだけが心を蝕み喰らうのです
からからから…と回る赤い風の音も何処か夢…?それとも現の微睡…?”
―「悦ト鬱」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

この曲はAメロのみならず全体的に、艶やかに音を響かせるギターと、情緒溢れるメロディを奏でるギターの絡み合いが絶妙です。
本当に、聴いていて万華鏡のようなのです。

歌詞を見ていると、今は何かが起きてから数日経過しているようなのですが、その何かって、主人公にとって相当衝撃的な出来事に違いないんだろうなって思います。

何故なら、歌詞にある「絶ヲ望ム」は己龍の楽曲のタイトルにもなっており、そこでは終わりのない絶望が描かれているからです(もしかしたら解釈が変わる事もあるかもしれませんが、少なくとも今は「絶ヲ望ム」はそういう曲だと思っています)

赤い風車だけが何か、優しい思い出が残っているのでしょうか。「現に縛る手枷」つまり、後一歩の所で主人公を思いとどまらせる役目を担っているようです。

風車が無ければ現からさらばしてしまう程の絶望が、今まさに主人公を襲っているのです。

“奥を覗けば 目に映る酷
有様は無様 迫る宵の刻”
―「悦ト鬱」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Bメロは小刻みなギターリフが緊迫感を煽ります。
例えば、襖を開けて、見てはいけない光景を覗き見てしまったかのような……

例えば一途に愛していた筈の相手が浮気をしている現場とか、そういった光景ではないかと私は勝手に考えています。

“咲いて 咲いて 咲き乱れ 散るは花の悦
艷に見えたあだの花 眩しい闇のはこ
枯れて 枯れて 枯れ朽ちて 咲くは花の鬱
決して咲かぬ徒の花 努々ゆめゆめ忘れぬ様”
―「悦ト鬱」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

艶やかに咲き乱れる事こそが喜ばしい事だと思われていたのだと思います。ですが主人公は咲き乱れる事が出来ず、恨めしい気持ちを、鬱々とした気持ちを、心の中に咲かせてしまったのでしょう。
華やかなメロディ、華やかな曲なのに、「決して咲かぬ徒の花 努々忘れぬ様」という言葉が、私には自責の言葉のように聞こえてなりません。
「お前は咲く事が出来ない花なのだから、決して夢なんか見ようとするな」そんな言葉のような……

ただひたすらに絶望を咲かせている一曲です。

リンク

悦ト鬱/(悦ト鬱収録)|己龍の歌詞

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました