「彩/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「彩」MUSIC VIDEO

彩収録CD紹介

・シングル「彩」収録

・アルバム「百鬼夜行」収録

・ベストアルバム「二〇〇七~二〇一七」収録

彩感想

一気に琴に笛にと色んな音が花開いていくようなイメージのある、雅で華やかなイントロがいきなり流れてきます。

“枯れ木に花を咲かせ 艷の十五夜を彩る
つむじかぜに舞い踊る 現忘れ塵芥”
―「彩」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

万華鏡が展開するテンションで、サビから始まります。
歌詞は幻想的な世界観を描写しており、まさに「現忘れ」てしまいそうです。

“幼子口ずさんだ

「遊びましょ」

大きな鳥居の下 また待惚け”
―「彩」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

軽快に琴の音色が響きテンポ感を失わないままにAメロへ。

歌詞には少し寂しさが滲みます。

例えば、主人公は捨て子だったりするのでしょうか?

いくら親の帰りを待てども待てどもその日が来る事はなく、見知らぬ鳥居の前でずっと待惚けをくらっている……そんな状態のような気がします。

“手を叩けど空の谺
名を呼べども凪のふわり
戯れるは宵の随に
蟲の音誘う頃”
―「彩」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

「手を叩けど」といいながら聞こえてくるシンバルの音が、本当に手を叩いて何かを探している、呼んでいる光景を思い起こさせるBメロ。
主人公が捨て子で、寂しくなって親の名前を呼んでも誰も反応しないという様を描いているのか。
はたまた、主人公が神隠しにあって、周りの人が主人公の事を探しながら名前を呼んでいるのに反応が無い状態を示しているのか。
一抹の不気味な不安感をはらみながら、楽曲のテンポは落ちる事無く、最初から一貫したスピード感を持って再度サビへと突入していきます。

歌詞は不気味なれど楽曲は色とりどりの音が楽しめ、まさに「彩」と呼ぶに相応しい曲だと思いますので、是非聴いてみて下さい。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Music通常配信音源

イヤホン:KBEAR KB10

リンク

彩(彩収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました