「鴉/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

鴉収録CD紹介

・アルバム「明鏡止水」収録

鴉感想

深い闇の底から音が響いているようなSEから始まるこの曲。イントロになるとギターが哀愁を漂わせます。

“救われていると信じ、
巣食われていると気付かない

笑え笑えや
ケタケタ…カラカラ…
騒げ騒げや 嘆かわしい…
ほろりほろりに
口元が緩む
「人の不幸は蜜の味」”
―「鴉」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Aメロはどこか重々しく不安を煽るかのようです。
そして、Bメロの歌声は加工されていて、どこか他人事のようでもあります。
騙されていると気づいていない主人公を眺めて笑っている集団がいるのかもしれません。

“嘘に魅入られた喉は
吐き出す全てを濁し
忌み嫌われる姿は
現の欲の如し”
―「鴉」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビのメロディはどこか危機感を煽ってくる感じがあります。
この歌詞を見て、最終的に私は何だか、マルチや宗教的なものに騙されている人の歌なのかもしれないと思いました。

主人公が救われると思い込んで騙される事で儲かって笑う人もいますし、騙されると周りに広めようとしてしまうので、そういったものに関わった事が無い主人公の友人達からは信用が出来ない人物というレッテルを貼られて避けられるようになる……

そんな光景を考えていると、この世界にピッタリ合うような気がするのです。
皆様はどう思いますか?

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Music通常配信音源

イヤホン:KBEAR KB10

リンク

鴉(明鏡止水収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました