「傷ノ声/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

傷ノ声収録CD紹介

・シングル「天照」通常盤Ctype収録

傷ノ声感想

重々しいギターサウンドとドラムが奏でられたと思ったら、不気味で軽快な同期音が合わさってきます。

何かただならぬ雰囲気を放っています。

“剥がされ捨てられた私のがら
へばりこびり付いた私の染み

瞼閉ざし 耳を塞ぎ 口を噤む
誰もが気付かぬ振り”
―「傷ノ声」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Aメロでは、軽快なテンポがどこか追い詰められた雰囲気を演出しています。
「瞼閉ざし~」なんてより畳み掛けるように響いていて、聞いていても余裕が無くなってきそうです。
でも、そんなに追い詰められていても「誰もが気付かぬ振り」。
これはかなり辛い事です。

“右手が綴る 左手の声
耳を澄ませば じわり溢れる

谺したソレは誰にも届かぬ私の辞世の句”
―「傷ノ声」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビは「谺したソレは誰にも届かぬ私の辞世の句」から漂う絶望感、深く出られない穴の中に入っているような感覚がとても印象的です。
「右手が綴る 左手の声」とは恐らくリストカットの事であり、タイトルの「傷ノ声」の「傷」も同じものを示していると思われます。

ちなみにこの後、より深い穴に落下していくような不気味な演奏と共に、デスボイスで「辞世の句」が歌われるのですが、未だに最初の五文字?が何と謳われているのかがわかりません。その後は恐らく「散りぬれど 忘れはしない」と謳っているように聞こえます。

誰か、最初の五文字が何と謳われているかご存知の方がいましたらコメントまで宜しくお願い致します。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Apple Music通常配信音源

イヤホン:KZ ASF

イヤーピース:NITIUMI シリコンイヤーピース

リンク

傷ノ声(天照収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました