「明鏡止水/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「明鏡止水」MUSIC VIDEO

明鏡止水収録CD紹介

・アルバム「明鏡止水」収録

・ベストアルバム「二〇〇七~二〇一七」収録(再録)

明鏡止水感想

“一面の銀世界が
歪の成れの果てで
あるように…”
―「明鏡止水」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

歌い出しから穏やかに水が流れていく様子がが聞こえるかのような澄んだ音色とメロディで私の心を惹き付けます。

“自分自身を守り抜く事が
こんな形でしかできない
自分自身と初めて
向き合う事が
出来たから?”
―「明鏡止水」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

疾走感のあるAメロを終えてのBメロが何だか心に刺さってきます。
「自分自身を守り抜く事がこんな形でしか出来ない」……
自分自身を取り繕う事でしか守る事が出来なくなっている、という事なんだろうと思います。後半の同じ部分の歌詞にも、

“自分自身を取り繕う事が
望まない明日を生むのに”
―「明鏡止水」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

とあるので……。

“透明色の
僕で在りたかった
君が君で
僕が僕で在るように
青い理想と罵られ、
黒い現実押し付けられ
鏡に映るは
似て非なる僕…”
―「明鏡止水」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビでは切ない叫びが響き渡ってくるようで、どこか心が締め付けられます。
「透明色の僕」というのは「ありのままの僕」なんだろうなと思うのですが、ありのままでいたいのにそれは未熟な故の理想・夢であると周囲から言われたのでしょう。
お前のそれはただの甘い理想だ、現実はそんなに甘くないなんて言われたりしながら、もしかしたら本当に他人に騙されたりした事もあったのかもしれません。
その結果、自分の姿をしてはいるけれど、ありのままの自分とはかけ離れた「僕」の姿が出来てしまったのです。

自分がそんな風になってしまったからこそ、「君」がありのままの「君」で居続けられているのかを心配する言葉をこの後に紡いでサビが終わっています。

タイトルの「明鏡止水」とは「邪念のない、落ち着いた静かな心境」という意味があるのですが、自分がその境地にいられなかったからこそ逆に明鏡止水の境地が誰にも侵されるべきでは無い無垢な境地として描かれている一曲です。
美しい一曲なので、是非聴いてみて下さい。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Music通常配信音源

イヤホン:KZ AS06

リンク

明鏡止水(明鏡止水収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました