「夢幻鳳影/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「夢幻鳳影」MUSIC VIDEO

夢幻鳳影収録CD紹介

・アルバム「夢幻鳳影」収録

・ベストアルバム「二〇〇七~二〇一七」収録(再録)

夢幻鳳影感想

イントロの華々しさが凄い曲です。
ちなみに私はこの曲に出会って己龍を知り、興味を持ちました。

“ゆらゆら…揺らめく陽炎と舞う灰吹雪
踏み出すその先は夢か幻か…
全ては世の為に 裏返したらば余の為に
犠牲も散り逝けば 其れは華々しく”
―「夢幻鳳影」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Aメロ前半部分は、暗がりに揺らめくロウソクの前で歌っているかのような雰囲気です。
シンプルなドラムと、微かに響いて来るギターの和なメロディがその雰囲気を引き立てています。
「全ては世の為に…」からは一気に力強くなります。
「余」という一人称だけで、主人公は自信に満ち溢れている人物なのだという事がわかりますね。
自分の為に犠牲になって散ってくれる人がいる程の立場にいる方なのでしょう。

“何も見えない、聞こえない、感じない
現実逃避は己を守る唯一”
―「夢幻鳳影」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

Bメロでは段々低くなっていくメロディが、世界が閉じられていく様子を表現しています。
直前の「華々しく」という言葉で色とりどりの色が見えていたのに、急に真っ暗です。
もしかしたら主人公は、表では強がって見せているけれど、実はそんなに強くない人間なのかもしれない……そう思えてきます。
もしくは、己を守る現実逃避で構築した妄想の世界だからこそ色とりどりで華やかなのかもしれません。

“昇りし双炎 邪に問えば
己が強欲に身を焦がし
溺れし混沌こそ正に現の常と…”
―「夢幻鳳影」歌詞(作詞:酒井参輝)より引用―

サビはまた華々しく色々な同期音が聞こえてきます。
「炎」という言葉が出ているので、Bメロの真っ暗闇が炎の色で明るく照らされた感じがします。

華々しさと闇の対比が曲の印象を際立たせている1曲で、それが美しかったからこそ私は己龍というバンドに興味を持ったんだなぁ、と聴きながら改めて感じる事が出来ました。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Music通常配信音源

イヤホン:KBEAR KS1

リンク

夢幻鳳影(夢幻鳳影収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・彩・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました