「鋸挽/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

鋸挽収録CD紹介

・シングル「手纏ノ端無キガ如シ」収録

鋸挽感想

どこか不穏さと、見世物にしている滑稽さを感じさせるギターから始まる1曲。

のこぎり

「諸人勝手次第鋸挽のこぎりびきに致させ」

死に候え”
―「鋸挽」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

この曲のサビは、「鋸を挽け」「死に候え」のみで、デスボイスが重なる為「鋸を~」としか聞こえないこともしばしばある、ライブでひたすら暴れる為にある、暴れ曲に位置する楽曲です。
何故鋸を挽くのか。それは、間に挟まる台詞が示す通り、勝手をする者を処刑・見せしめにする為ですね。

見懲みこらしの雨晒し穴晒
夥多おびただしき蟲蝕むしば頸啜くびすすり”
―「鋸挽」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

実際の鋸挽という処刑方法でも、処刑する前に罪人を箱に入れ地中に埋めて、首だけ出して晒す、という事をしていた様です。

参考:

鋸挽き - Wikipedia

放置されているうちにその晒された首に虫も集まってくるという、生々しく恐ろしい描写です。

そして再び、「鋸を挽け」と盛り上がります。

ひと二挽ふたひき、
ぎいぎい 断末魔 阿鼻に叫喚す
一、二挽き、三、四 ぎいぎい 断末魔 血反吐に血飛沫”
―「鋸挽」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

この箇所が何を表現しているかは……もうおわかりだと思います。
ここをリズミカルに歌いきってしまうのがこの楽曲の恐ろしさです。

襤褸ぼろこぼれたるざん 肉片にくこえ
挽き千切る首の皮 生頭なまこうべ
―「鋸挽」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

演奏が琴だけになり、和風、雅感が一気に増します。
切られた後も晒される、その無情感が表現されているように思います。

そして最後にまた「鋸を挽け」と盛り上がる……

実に恐ろしく禍々しく、だけど微かにどこか美しく、死刑「鋸挽」を表現している、まさに和製ホラーをコンセプトとする己龍らしい1曲になっています。

リンク

鋸挽/ 己龍の歌詞 『ROCK LYRIC』
己龍/鋸挽の歌詞/鋸を挽け 「諸人勝手次第鋸挽に致させ…:『ROCK LYRIC』はロック特化型の歌詞検索サービスです。
己龍~うたパスプレイリスト~
※各楽曲のリンクから感想ページにジャンプします※当ブログの感想記事はプレイリストに入っているものとはバージョン・アレンジが違う可能性があります(該当楽曲はバージョン名部分にはリンクを入れていません)※プレイリスト収録曲一覧・花鳥風月...
己龍曲感想記事一覧
今までに書いた己龍の曲感想記事の一覧です
タイトルとURLをコピーしました