「花魁譚/己龍」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

己龍「花魁譚」MUSIC VIDEO

花魁譚収録CD紹介

・シングル「月ノ姫」収録
・シングル「屡流」通常盤C-TYPE収録(再録)
・アルバム「二〇〇七~二〇一七」収録(再々録)

花魁譚感想

この曲は何度か再録されていますが、私が一番馴染みが深いのはシングル「屡流」に再録されているバージョンの為、それを聴きながら感想を書いてみます。

このイントロの、華やかなんだけれども下がっていくメロディが、どこか枝垂れ桜のようで、タイトルの花魁という言葉が持つイメージにピッタリな感じがします。

“赤く照らすは蠱惑の月 まがきの外に
彼岸花バなびらビラ
くるわの内 繋がれては
病むに止まれぬ 世は無常

花魁道中”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

Aメロは何だかタタタン、と早く畳み掛ける言葉がポン、ポンと出てくるのでテンポが良いです。

いくつか知らない言葉が出てきましたので調べてみます。
まずは籬ですが、竹などを荒く編んで作った垣根の事を示すみたいです。
廓は、遊廓の別称としてあるようですので、「花魁譚」というタイトルからも、この意味が一番しっくり来るかなと思っています。

竹の垣根を境に、赤い月に彼岸花という真っ赤な世界と、遊廓の世界がわけ隔たれていて、主人公は遊廓側の世界に入り、抜け出せなくなってしまったようです。

そして、ひらひらと舞い遊んでいるような雰囲気があるメロディの後、こんな言葉がデスボイスで聴こえてきます。

“地ノ獄ハ其ノ先二…”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

夢のような華やかな世界の裏には一体何が潜んでいるのやら……と恐怖感も煽ります。

“栄華極めし手招く影
悦眼で誘い 嗤う欲
くるり くるりら 眩めきんす”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

花魁は遊女の中でも位の高い女性を示す言葉で、栄華を極めた影というのは間違いなく花魁の事ではないかと思います。

そんな花魁は当然お客様を誘う(多分言葉じゃなくて、本当に視線とか、動作で誘うプロなんだと思います)のですが、ここに「くるり くるりら」なんて歌詞があるものだから、扇子をくるくる回している……のかと思いきや、私の頭の中には何故か帯回しされて「あーれー」ってなってる姿が浮かんだりしました。
花魁がそのような遊びに興じる事があるのか、事実はわかりませんが……

似非化粧えせけわい 艶の談
秘めし隠しで 奏で舞う”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

本当、何だか楽曲も艶やかな雰囲気に包まれています。
偽物の化粧で本音を秘めて隠して、今日も花魁はお客様を誘い、待っているのです。

“涎濡れの狗の口元に”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

(そのお客様を「涎濡れの狗」呼ばわりしているのかな、と思うと、本当に花魁て気位の高い人なんだろうなって思います。)

“仮初の愛に淫れ媚態
柘榴の果肉は憂いに熟れて”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

ボーカル・黒崎眞弥さんの女性的な裏声での歌声が堪能出来るサビ。
熟れた柘榴というのもやはり花魁を示していて、位が高いという事は、そこら辺の若い遊女よりは経験も積んでいるし、その分年も取っていると。だから熟れた柘榴なんだろうと思います。

“「感情」は捨て「勘定」に欺く”
―「花魁譚」歌詞(作詞:黒崎眞弥)より引用―

逃げ出したいとか、人並みの恋をしたいとか、そういった感情を捨て去り、例えばこの人を満足させたらいくら貰えるとか、そういった損得勘定で動くプロの世界。
華やかなようで、捨て去った筈の感情の闇が蠢く世界。
そんな世界の事を確りと表現されている曲なのではないでしょうか。

リンク

花魁譚(月ノ姫収録)/己龍の歌詞|『ROCK LYRIC』

己龍曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから確認したい方はこちらへどうぞ↓↓↓曲感想記事一覧あ行・愛怨忌焔・秋雨葬送・アナザーサイド・天照・雨夜ニ笑ヱバ・歪・丑刻参・熄・空蝉・自惚レテ愛玩・悦ト鬱・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました