クロトアカ/コドモドラゴン~レビュー46曲目~

~基本紹介~

・己龍、Royz、コドモドラゴン合同シングル「FAMILY PARTY」収録

・3枚目のアルバム「WOLFMAN」収録

スポンサーリンク



~感想~

同じ事務所に所属しているV系バンドが合同で制作したシングルに入っている、コドモドラゴン単体の楽曲です。

という事はきっと、他のバンドのファンが聴く事もある程度想定されており、自分のファンに聴いてもらうだけでなく、この曲を聴いた他のバンドのファンを自分達のファンにしてしまおうというパワーを、意図的に秘めさせる必要があります。

こういうチャンスをみすみす逃してしまうようなV系バンドはその後人気になる事など出来ない、と私は考えていますので。

さて、この曲は「腐乱腐乱腐乱……」と小気味よいリズムで繰り返されるサビのメロディが印象的な1曲です。

ライブでタオルなんかを振り回していそうなノリの良さです。

しかし、イントロでは警告音を思わせるようなメロディが入っていたり、

“Never say never 嘯くアカ 致死量超えた 「別れ」を告げるcolor”

“失望 意義無くして ハリボテとなって 鼻摘んで言った 嗚咽 「コレまだ喰えたっけ?」

と言った歌詞から、描かれる世界観はまさしく頭が狂ってしまうような危険領域、と言えます。

クロトアカの「クロ」とは、恐らく腐乱しているそれで、「アカ」とは流れ出ているそれなんだろうな、と思います。

そんな狂った危険な世界観を疾走感溢れるノリの良いメロディに乗せて表現していますので、ストレス発散におすすめな1曲です。

最初に述べた、他のバンドのファンを自分のファンへ巻き込むパワーは十分に秘めているのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました