88/LM.C~レビュー152曲目~

~88収録CD紹介~

・8枚目のシングル「88」収録

・3枚目のアルバム「GIMMICAL☆INPACT!!」収録

・ベストアルバム「☆★Best the LM.C★☆2006-2011 SINGLES」収録




~88感想~

「家庭教師ヒットマンREBORN!」のオープニングテーマも務めたこの曲。

曲調は全体的に爽やかでポップなロックチューンで、何となく流星が降り注ぐイメージが思い浮かびます。

“-忘れてしまうだろう 肩につもる悲しみは 流れる星の手に抱かれ-”
―「88」歌詞より引用―

いきなり始まるサビの歌詞でも、流星を思わせるワードが使われています。
悲しみが例え積もったとしても、今降り注ぐ流星が忘れさせてくれるだろうという歌詞です。
今流星が降ってないなんて野暮な事は言わないで下さい、この曲を聴く時、その音楽によりいつでも心に流星は降るのです。

“ため息ひとつでリセットされる 無限のループのような日々さ
「右向け左」が遠回りでも それでいいんだ
風が吹き付けるのは きっと ビルの隙間を飛び交う雑音が
君に聞こえないように”
―「88」歌詞より引用―

「右向け左」……それはきっと、右を向き左を向き、結局正面を向いている状態なのではないでしょうか?
そのまま正面を向いていればいいのに無駄に動いたりして遠回りになっていますがまぁそれはそれでいいとしています。
そして、「風が吹き付ける」という言葉からは私は逆風を想像してしまいますが追い風、という可能性もありますね。
追い風は勢いが増しますし、逆風なら立ち向かう力が身につきます。どちらだとしても、自分が進む道から外されるような雑音に気付かないように、風が吹いているという事のようです。

“夜空に描かれた 星を繋ぐ物語 その胸焦がれる幻想
忘れてしまうだろう 肩につもる悲しみは
流れる星の手に抱かれ”
―「88」歌詞より引用―

もしかして「星」とは、主人公の仲間の事でしょうか。仲間と出会い、進んでいく幻想的な物語が夜空に描かれているのでしょう。
すると悲しみを忘れさせる「流れる星の手」も、繋がり、共に進む仲間達の事なのでしょう。

仲間と共に進む大事さを感じさせる、ポップで聴きやすい、とても明るい歌です。
V系は暗く激しい歌ばかりで苦手意識を持つ方は、こういった曲から触れてみては如何でしょうか?



~リンク~

LM.C 88 歌詞―J-Lyric.net

LM.Cレビュー曲一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました