MUCC有料無観客配信ライブ「MUCC~Fight against COVID-19 #2~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』」 (2020.6.21)を見てみた!

ライブレポート

という事で、またもや有料無観客配信を見たので感想を書いてみたいと思います!

ちなみに、ここには私の頭の中で印象に残ったものしか書かないので、もっとしっかりしたレポートを読みたい方はこちらからNoGoD団長さんのレポートを読んでいただければと思います。

【レポート】MUCC、自身初の無観客配信ライヴで “今、可能な最良の形” | BARKS
MUCCが6月21日、<~Fight against COVID-19 #2~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』>と題した自身初の無観客有料配信ライヴを渋谷ストリームホールから実施した。演出、...

セットリスト

1.惡-JUSTICE-
2.CRACK
3.サイコ
4.海月
5.ヴァンパイア
6.taboo
7.積想
8.SANDMAN
9.スーパーヒーロー
10.自己嫌惡
11.アルファ
12.ニルヴァーナ
13.My WORLD
14.生と死と君

15.蘭鋳

感想

今回、私はとある失態を1つ犯しています。

それは、今回の配信がMUCCのNEW ALBUM「惡」を引っさげてのライブになるものなのに、アルバムを殆ど聴き込んでいなかった点。

でも、ライブやこういった配信が初聴きになるのも、思い出深い一曲へと昇華される一因になりますので、それはそれで失態とは言いつつ悪くは無い物なのかな、という考えでいます。

なので楽曲の感想については改めて聴いてそれぞれに感想記事を書いている時に一緒に書いたり、それで気づいた事があればこの感想記事にも追記していこうと思っておりますので、今回は楽曲以外の、演出面で印象に残った感想を書こうと思います。

私が1番印象に残っているものは、勿論楽曲も素敵なものばかりだったのですが、何よりも最後の、ガスマスクと手袋での円陣。

少しずつ希望は見えてきたようで、まだまだ油断大敵な状況なのですよね。

後は、MCの中にあった、ライブで、最初に生で届けたいから今回はNEWアルバムの曲は半分くらいしかいれていないというニュアンスの発言、その思い。

こんな状況にはなっていますが、やっぱり生で届けたいのがアーティストの望みであり、生で聴きたいのがファンの望みなのです。

やがては元通りにライブが出来る日を夢見ながらも、今はウイルスと折り合いをつけて、表現の方法を模索して行く日々。

今回の無観客ライブでの、客席をめいっぱい使って四隅で距離を保ったり、並ぶ時はアクリル版を挟んだりというステージングは、確かにその答えの1つだったのではないかと思います。

後は、最後の蘭鋳という曲は、曲中で一旦座り、その後一斉にジャンプするという振付(?)があるのですが、それをファンの方と一緒にやる為に、Zoomでファンの方と抽選で映像を繋いだり。

今はまだタイムラグがありますが、5Gが普及すれば、5Gで不可能であれば6Gや7Gになればタイムラグほぼ無し、というのも実現可能かもしれないという夢も感じました。

セットリストプレイリスト

MUCCさんが公式で、Spotifyにセットリストを挙げて下さったので貼っておきます!

私もしっかりと聴き込んでいきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました