「雨のオーケストラ」(MUCC10枚目のシングル)収録曲感想

CD紹介

試聴

収録曲紹介

雨のオーケストラ

寂しげで、でもどこか美しく、盛り上がる所では壮大な雰囲気もある一曲。

聴けば広がるのは、モノクロの街角景色に雨が降り注ぐ光景です。

後は、「ぬれてしぼんだネコ」って言葉が個人的には大好きです。

猫いつもふさふさしてるのにお風呂動画とか見てるととってもしぼんでいるので、その光景が目に浮かぶんですね(実際に濡れた野良猫は目にした事がありません。上手く隠れているんでしょうね)

死生、命あり

傷ついた人々がその傷を癒そうと色々画策をする曲。

ダウナーで、でもどこかエロティックな雰囲気がカッコ良い一曲です。

「誰もが 痛みをこらえてる」……まさにその通りで、痛みが全く無い人なんていないんだよなぁと思いながら、自分一人だけじゃないと言い聞かせながら、今夜も独りで痛みをやり過ごすのです。

語り部の詩

疾走感に溢れる曲。

お金とかのわかりやすい物欲に溺れて、本当に大切で欲しかった筈の恋や愛を忘れてしまった豚さん=語り部の詩です。

視聴環境

音源:Apple Music配信音源

再生機器:Xperia 10 Ⅲ(DSEE Ultimate)

イヤホン:TRN V90

イヤーピース:final Eタイプ

リンク

MUCC記事一覧
シングル1.娼婦/廃2.赤盤3.青盤4.負ヲ讃エル謳5.水槽6.我、在ルベキ場所7.路地裏 僕と君へ8.モノクロの景色9.ココロナイマチ10.雨のオーケストラ11.最終列車12.ガーベラ13...

コメント

タイトルとURLをコピーしました