「自己嫌惡/MUCC」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

自己嫌惡収録CD紹介

・アルバム「惡」収録

自己嫌惡感想

イントロから続く軽快なギターとピアノのジャズっぽい雰囲気こそがちょいワルみたいな雰囲気を醸し出す1曲。

“ある朝起きると何もかも全部全部全部全部全てが夢だった
、、、といいな。と思いながら今日も一人で元気に死にそうになる”
―「自己嫌惡」歌詞(作詞:ミヤ)より引用―

こういう気持ちを抱いた事がある人は必ずいると思うのですが、楽しく跳ねるようなリズムとメロディで歌うような感情ではありません。

この二面性、ギャップもまたたまらないです。

ところで、

“コンビニ袋の暖かみに感謝して昨日の事を思い出すのは”
―「自己嫌惡」歌詞(作詞:ミヤ)より引用―

この歌詞の後に入っているセリフって、「今日はこのくらいですよ、わかってもらえませんかねぇ?」って聴こえるのですが合っていますかね?

合っているとしたら何をしているのでしょうか?何だかあまり良くない事のような気がするのは私の考えすぎなのかもしれません。

“何もいらないから
自己嫌悪 自己嫌悪 自己嫌悪 そのナイフで切り落として
完全に完璧で完熟な僕のこの天狗の鼻を
愛せない愛せない愛せない 穴があったら埋めてくれ 僕を赦してください”
―「自己嫌惡」歌詞(作詞:ミヤ)より引用―

この曲におけるBメロは「何もいらないから」1フレーズのみで、Aメロとサビは似通ったテンションなのですが、この1フレーズで区切る事で楽しさに飽きないようにさせています。

その行動をした瞬間は自信満々に行動した筈なのに、後から冷静に振り返って「自分はなんて事をしてしまったんだ……」と自己嫌悪に陥る時は、確かに当時の自分の天狗の鼻を誰か切り落としてへし折って止めてくれと思ったりする事もあるなぁ……って、この歌を聴きながら考えたりします。

1番の段階ではまだあまり具体的ではないのでほんのりとした自己嫌悪の感情を思い出すだけですが、曲が進むにつれて段々とエグくなっていく世界観を、是非堪能してみましょう。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Musicより通常配信音源

イヤホン:KZ ZSN

リンク

MUCC 自己嫌惡 歌詞-J-Lyric.net

MUCC(ムック)曲感想記事一覧
50音順です。リリースされたCDから確認したい方はこちらからどうぞ!↓↓↓曲感想記事一覧あ行・暁闇・茜空・雨のオーケストラ・遺書・イソラ・ENDER ENDERか行・語り部の詩さ行・自己嫌惡・死生...

コメント

タイトルとURLをコピーしました