「ピュアブラック/MUCC」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

ピュアブラック収録CD紹介

・アルバム「シャングリラ」収録

ピュアブラック感想

ピアノとストリングスの音色がジャジーに楽しげに跳ねる印象の楽曲です。

“暗い空 1人 かかとを鳴らす 綺麗な並木道
“あの子がいなくなれば全てが甘く回るのに”

誰かに見せてみたいな 最低な”本音”を”
-「ピュアブラック」歌詞(作詞:逹瑯)より引用-

スキップしているようなベースライン、ドラムと共に描かれるのは、誰もが一度は抱いた事があるのではないかと思う悪意です。
「あの子・あの人さえいなければ」……私も正直そんな思いを抱いた事はあります。

でも、勿論そんな”本音”を誰かに見せる事はしません。
いや今してるじゃないかと思うかもしれませんが、実際には「あの子・あの人」には当然、特定の人物を示す固有名詞が入ります。
それを含めた”本音”を見せる事はしていません、という事です。
争い事は望みませんので……

でもこの曲の主人公は、その思いを誰かに明かしてみたい、と思っているようです。

“さぁ DANCE DANCE DANCE 踊りましょう 待ちわびたはずなのに ずっと
隠したハートがチクチクチクと痛い”
-「ピュアブラック」歌詞(作詞:逹瑯)より引用-

サビは再び楽しげに躍り飛び跳ねているようです。
結局、主人公はその思いを誰かに見せてしまったんじゃないかと思います。
その結果、嫌いな「あの子」が多分、本当にいなくなる事になったのではないでしょうか。
それは喜ばしい事の筈なのに。待ち侘びていた事の筈なのに。
何故こんなに心が痛むのか。

本当はいなくなって欲しくなかったんじゃないかと思うのです。
例えば、お互いに好きだった筈なのに喧嘩別れする夫婦とか。
いつの間にか一緒にいる事が当たり前になった結果、本心で嫌いになったのではなく、ただの無いものねだりとしていなくなる事を空想・冗談で望むような感覚だったのではないかと。

楽しさの中に、自分すらも傷つけてしまうような純粋で強烈な悪意を描く一曲です。
楽しいのに寂しいみたいな、不思議な気持ちになります。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Youtube Musicより通常配信音源

イヤホン:KZ ZSTX

リンク

ムック ピュアブラック 歌詞 J-Lyric.net

MUCC(ムック)曲感想記事一覧
50音順です。リリースされたCDから確認したい方はこちらからどうぞ!↓↓↓曲感想記事一覧あ行・暁闇・茜空・雨のオーケストラ・遺書・イソラ・ENDER ENDERか行・語り部の詩さ行・自己嫌惡・死生...

コメント

タイトルとURLをコピーしました