Google Play MusicからYoutube Musicへアカウント移行してみました

先日このような記事を書きました。これはYoutube Premiumをオススメする記事ですが、Youtube PremiumはYoutube Music Premiumを内包していますので、今回の記事でYoutube Musicと書いている部分は全てYoutube Premiumに置き換える事が可能です。

音楽好きの方にはYoutube Premiumが実は一番オススメなんじゃないかと思います
以前、安価な音楽サブスクサービスのおすすめとして、auスマートパスプレミアムを挙げましたが、今回は少し高めのサービスをご紹介します。Youtube Premiumとは?2018年11月に日本でも開始された、Youtubeの月額有料プラン...

上記の記事の中で、メリットの1つとして、Google Play Musicという別の音楽配信サービスが使えるよ!と書いたのですが……

Google Play Music、年内のサービス終了を明言していたようです。

「Google Play Music」いよいよ年内終了 「YouTube Music」への移行ツール提供開始
2018年の「YouTube Music Premium」誕生以来、終了をうわさされてきた「Google Play Music」を年内に終了するとYouTubeが正式に発表した。アップロードしたり購入したりした楽曲やプレイリストなどを1タップでYouTube Musicに転送できるツールの提供を開始した。

実はまだ配信されていない色々な音楽を、Google Play Musicの無料5万曲ロッカー機能を使って保存していたのに、無くなったら困る!!

と思った方、ご安心下さい。

Youtube Musicへアカウントのデータを移行する事で、Google Play Musicに保存していた楽曲を聴く事が出来ます。

アカウント移行方法

とっても簡単でした。

こちらのリンクから移行ページへ移動し、移行を開始みたいなのを押すだけ(うっかりスクショを忘れました)

YouTube Music
公式アルバム、シングル、動画、リミックス、ライブ パフォーマンスなど、あらゆる音楽をお楽しみいただける新しいサービスです。Android デバイス、iOS デバイス、パソコンでご利用いただけます。

もちろん、Youtube MusicのアカウントもGoogle Play Musicのアカウントも、同じGoogleアカウントで紐付けている事が絶対条件ですよ、でないと移行は出来ない筈です。

移行は出来たのか?

結論。先程のリンクを自分で押した画面をスクショ。

移行完了です!

私の喜びのツイートがこちら。

所要時間は10分もかからない程で、3500曲弱が移行されました。

移行して気付いた事

もしかしたら気付くのが遅かっただけで、少し前からなっていたのかもしれませんが……

プレイリスト……こんな感じで選べましたっけ?移行したからなのか、それとも少し前から変わっていたのに気づかなかっただけなのかわかりませんが、色んなプレイリストが選べるようになっていました。

少しだけ残念な事

これはもう、今後のアップデートに期待ではあるのですが、Google Play Musicってこんな感じでした。

上が配信で、「マイライブラリにあります」の下が自分でレンタルしたものをアップロードしたものなのですが、1画面で見る事が出来ていました。

しかしYoutube Musicはそうではなく……

検索した後でYoutube Musicにある曲かアップロードした曲を聴くかを選べるようになっています。何だか一手間増えた感覚。今までアップロードした音楽がサービス終了と共に聞けなくなる事態が回避出来ただけで万歳ではあるのですが、少しだけ何だかなーな気分。選択肢が無いので使い倒しますけどね。

追記

後日発覚したちょっと不便な所。

アーティスト名で検索して、確実にアップロード済のアルバムが上の方に出て来なかったお話です……

アーティスト名+アルバム名や曲名で検索したら出たので、アップロードしている事自体は確かなのですが……

コメント

タイトルとURLをコピーしました