「アルミナ/NIGHTMARE」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

アルミナ収録CD紹介

「the WORLD/アルミナ」(ナイトメア9枚目のシングル)収録曲感想
今回はアニメ「DEATH NOTE」初代OP及びEDテーマとしても有名だったこのシングルについて書いてみます!収録曲紹介the WORLDまずはオープニングテーマのこの曲。この曲はDEATH NOTEの主人公の、外側から見える行動や心理を描...

・アルバム「the WORLD Ruler」収録

・ベストアルバム「Historical~The highest NIGHTMARE~」収録

・ベストアルバム「Best tracks 2006-2010[vapor]」収録

アルミナ感想

“流れる時間ときの中瞬く刹那的煌きを
この世の記憶に刻む為 歩き続けるBeliever”
―「アルミナ」歌詞(作詞:咲人)より引用―

再生するなり、クリーンギターと共に流れるサビのメロディは、まさに刹那的な煌めきが今生まれた事を表現しているのではないかと思います。

この曲はアニメ「DEATH NOTE」のEDテーマともなっていますが、主人公の夜神ライト
もまた、デスノートを手にした事で得た、新世界を創るという煌めきを確実な物にする為に歩き続けます。

「歩き続けるBeliever」からの疾走感あるサウンドが、歩く力強さも感じさせます。

“誰にも見れないユメを見て 要らないモノは全て捨てた
ゆずれない想い この胸に宿して”
―「アルミナ」歌詞(作詞:咲人)より引用―

夜神月は、人の命を奪う事が出来るデスノートを手にし、私利私欲の為に使うのではなく、犯罪者を裁き犯罪の無い世界にする、という夢を見ました。
これに対し「他の人間には出来ない、自分がやるしかない」といった旨の発言などしていたようにも思います。
それこそ最初は罪悪感に押し潰されていた描写もありましたが、そんなつまらない感情を捨てたり、父親の命を犠牲にするなど、本当に様々な物を捨てていました。
それでも理想の新世界を創るという譲れない想いを胸に進んでいたように思います。

“まだ現実と理想リアルイデアルの狭間にいて 犠牲の枷に足をとられても
溢れる衝動抑えきれない 強く求める心があるから”
―「アルミナ」歌詞(作詞:咲人)より引用―

このBメロの、駆け上がっていくようなギターのメロディはたまらないですね。
まだまだ理想の世界には出来ていないから、足を取られる事があっても前を向いて向上していく、そんな力強さを感じます。

“「偽り」「恐れ」「虚飾」「憂い」様々なネガティブに
とらわれる程弱くはない 孤独を知らぬtrickstar”
―「アルミナ」歌詞(作詞:咲人)より引用―

夜神月という策士・ペテン師は、もうネガティブな感情にとらわれて進めなくなる程弱い人間ではない、という事を言っています。
サビと共にキラキラと忙しなく響くピアノの音は、まるで強烈な輝きを演出しているかのようです。

アニメを知っている方は勿論、例えばその後の映画やドラマでデスノートを知った、もしくはこれから何かしらの企画がされてそれでデスノートを知る、みたいな方がいらっしゃったら是非聴いてみて下さい!

リンク

ナイトメア アルミナ 歌詞
ナイトメアの「アルミナ」歌詞ページ。「アルミナ」は、作詞:咲人、作曲:咲人。
NIGHTMARE曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから見たい方はこちらからどうぞ!↓曲感想記事一覧・Awakening.・雨と夜に墜ちて・アルミナ・Can you do it?・Quints・the WORLD・シアン・NAK...
タイトルとURLをコピーしました