「このは/NIGHTMARE」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

このは収録CD紹介

・シングル「このは」収録
・アルバム「killer show」収録
・ベストアルバム「best tracks 2006-2010[vapor]」収録

このは感想

イントロからピアノが切なく響き、一瞬余韻を残し停止して……

“想いあったはずなのに
きれるほど遠すぎて
変わらない二人の距離
舞い散る冷たい花
会いたいのに会えなくて
会えないから夢をみた
時が経てば 心まで
僕等は解り合えた?”
―「このは」歌詞(作詞:RUKA)より引用―

秋の名曲って感じのサビが流れてきます。
ロックサウンドではあるのですが、綺麗な名バラード。

かつてはお互いに好きだったはずなのに、冷たい花が舞い散っているので、何らかの原因で別れてしまったものと思われます。

その原因・わだかまりのようなものはきっと、時間が経っても解決しないものなんじゃないかと思いますが、主人公もそれを薄々感じつつも、「もしかしたらもっと時間をかけたらお互いに解り合えたんじゃないか」という、たらればを捨てきれずにいるようです。

“花は枯れた 季節は変わっていくのに
何も変わらない 見慣れた校舎と
当たり前の日常
幼すぎた 二人が見つけた答えは
何も変わらない 戻ることもない
ただ流れていくだけ
忘れたかった 歩んだ日々を 二人の思い出を”
―「このは」歌詞(作詞:RUKA)より引用―

サビの後、ギターが少し寂しげに間奏を奏でた後、ピアノの寂しげな演奏をバックに、ボーカルすらも何だか寂しそうなAメロ。

寂しいのは当然だと思います。

別れてしまっても、周囲の光景が全く変わらないから、相手と付き合っていた思い出をどうしても思い出さざるを得ないのです。
辛い思い出だけではないと思うのですが、今隣にいない現実が、楽しい思い出を思い出しても寂しい気持ちにさせてしまうのではないかと思います。

そして再び冒頭のサビが繰り返されていきます。
失恋した人が過去に思いを馳せる時、この曲を聴きながら思い出すと、よりセンチメンタルな気分になれる一曲です。

リンク

ナイトメア このは 歌詞-J-Lyric.net

NIGHTMARE曲感想記事一覧
50音順です。リリースCDから見たい方はこちらからどうぞ!↓曲感想記事一覧・Awakening.・雨と夜に墜ちて・アルミナ・Can you do it?・Quints・このは・the WORLD・シアン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました