カクセイ/NoGoD~レビュー144曲目~

~カクセイ収録CD紹介~

・メジャー1枚目のシングル「カクセイ」収録

・メジャー1枚目のアルバム「欠片」収録

・ベストアルバム「VOYAGE~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM」収録




~カクセイ感想~

重厚感のあるメタルサウンドで疾走感のあるメロディで奏でられるNoGoDのメジャーデビュー曲です。

“心が見えない 誰も 心を見られたくない 誰も
当たり障りの無い言葉を並べて 何が言いたいの?
指先での会話 こんな時代でも 今、本当の声聞かせてよ”
―「カクセイ」歌詞より引用―

1番Aメロの歌詞ですが、「指先での会話」という単語がまさに今この時代を表現しているなと思います。
今、私はスマホでタッチパネルのキーボードをまさに指先で押して操作しながら文字を書いています。曲がリリースされた頃はまだガラケーだった筈ですが、それでも指先でボタンを押しながらメールやネット上で会話をする訳です。パソコンでもキーボードを指先で押して操作するという観点からみると変わらないですね。
本心を隠して、建前だけの言葉で、目の前にいない相手と指先で会話をする……そんな時代でも、是非本心を聞かせてくれと、そんな呼びかけがされています。

“君の声を拡声せよ 最果てまで届くように
光を乗せて この闇を掻き消してくれ
愛してるも 大嫌いも 伝えなければ意味が無い
信じて欲しい その声を”
―「カクセイ」歌詞より引用―

どんな言葉でも、相手に伝わらなければ意味が無い、だから自分の声を信じて発信し、そして広げて欲しい……そんなメッセージが込められたサビは非常に聴きやすく、またボーカルである団長のハイトーンが非常に心に残りやすいメロディをしています。
まさに闇を掻き消す光であるかのようです。
もしこの曲を知らない方は是非!一度聞いてみて下さい。




~カクセイリンク~

コメント

タイトルとURLをコピーしました