「rain/大江千里」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

rain収録CD紹介

・アルバム「1234」収録

・ベストアルバム「Sloppy Joe」収録

・ベストアルバム「2000 JOE」収録

・ベストアルバム「Sloppy JoeⅠ&Ⅱ」収録

rain感想

湿った感じのドラムの音が程よく雨が降っている感じを演出していると思いました。

最初にズドドン、と響く音を聴くと、そこには雨に濡れた街角があるような気がするのです。

“言葉にできず凍えたままで
人前ではやさしく生きていた
しわよせで こんなふうに雑に
雨の夜にきみを抱きしめてた”
―「rain」歌詞(作詞:大江千里)より引用―

シンプルな演奏なので歌詞がストレートに届いて情景を描いています。
多分これはやさしさを向ける相手をちょっと間違えている例なのかなって思います。
いや勿論、他の人にやさしくするのは良い事なんですが……
一番やさしくするべき人に雑に対応しています。
手に入って暫く経過するとそれが当たり前の事のように感じる人なのでしょうね。

“Lady きみは雨にけむる
すいた駅を少し走った

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが消えてく
路地裏では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ”
―「rain」歌詞(作詞:大江千里)より引用―

Bメロはコーラスのおかげか、少しふわふわと幻想的な雰囲気になっています。
そしてサビのメロディはそんなに「サビ!」という程盛り上がる感じにはなっていません。流れ方があまりに自然なので、サビを聞き終わってから「今のがサビだったのか」と思う人がいてもおかしく無いと思っています。

雨の中を走ってまで逃げたり、もしくは出ていこうとしているのでしょうか?そんな「きみ」を、主人公はどしゃぶりでもずぶぬれでもかまわないと追いかけていきます。
あまり積極的なタイプではないように見えますが、それでもここは行動を起こしているのです。

そして、ストレートに行かないで欲しい、という気持ちを伝えます。この感情に気づいたのならきっと主人公は、この曲の後は「きみ」を大切にするんだろうなと思います。

ちょっと湿っぽくて甘酸っぱい気がする曲なので、この曲を聴いて色んな思い出が思い起こされる人はきっといるんだろうな、と思いました。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Apple Music通常配信音源

イヤホン:KZ ZSX

イヤーピース:radius DEEP MOUNT

リンク

秦基博 Rain 歌詞
秦基博の「Rain」歌詞ページ。「Rain」は、作詞:大江千里、作曲:大江千里です。
大江千里曲感想記事一覧
50音順です。曲感想記事一覧・rainリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました