「神歌/Phantasmagoria」を聴いてみた!~182曲目~

V系一曲レビュー

試聴

神歌収録CD紹介

・9枚目のシングル「神歌」収録

・1枚目のアルバム「Splendor of Sanctuary」収録

・ベストアルバム「Wailling Wall 2004~2010」収録



神歌感想

重厚感のあるリズムから、ゴシック調に展開していくロックチューンです。ゴシックなメロディには荘厳なシンセ音が使われており、かなり宗教的なイメージすら感じます。そして少し、電波的な印象も。

“見ツメテイレバイルホド
アナタ真剣ナ目ヲシテ
オペラヲ歌イ出ス様ニ
神ノ名ヲ呼ビ始メタ”
―「神歌」歌詞より引用―

神を信じ、その名を呼ぶ者がいます。その表情は真剣ですから、心の底から神の存在を信じているのでしょう。

“知恵ヲ付ケ始メテ来タ
白痴ナ無神論者ハ
何カニ取リ憑カレテル
イカレタ scientist”
―「神歌」歌詞より引用―

普通に考えてしまうと、何かに取り憑かれているのは神を信じている人ではないかと思うのですが、この曲の世界観では神を信じない方が何かに取り憑かれているとされています。

それぐらい、神が存在するのが当たり前、そんな世界観が構築されています。

“時折叫ビ出スケド
あなたハ召喚サレズ
不気味ナ微笑ミ浮カベ
不埒ナ行動二出ル”
―「神歌」歌詞より引用―

ここでの「あなた」は、呼び出そうとしている人間ではなく、呼び出されようとしている神の方です。
召喚サレズ、とありますが、PVで最後に降臨しているのは一体……?

公式動画はありませんが非公式アップロードのPVはありますので、気になった方は是非検索してみて下さい。

“cry. Jesus christ

神々ノモト
下々ノモト”
―「神歌」歌詞より引用―

教会にいるような雰囲気を思わせるシンセの音をバックに、「Jesus christ!」と、数回叫んでのサビ。

歌詞引用だとサラッとしてしまいますが実はこれがサビです。
実際には、

「神々の!神々のもと!神々の!神々のもと!神々の!神々のもと!神々の!神々のもと!」とテンポ良く・テンション高く展開します。しかも、「!」のタイミングで「ヴォイ!」とデスボイスの掛け声まで入ります。

ライブではここでひたすら暴れ倒すキラーチューンのようです。しかも好きなだけサビを繰り返す事が出来る構成になっているのでその気になればサビだけで何分も出来てしまいそうです。

そんな盛り上がりの良さと、実際にPVで神?宇宙人?が降臨するネタ性から、Phantasmagoriaの代表曲となっていますので、是非一度聞いてみて下さい!



リンク

神歌(神歌収録)/Phantasmagoriaの歌詞|ROCK LYRIC

Phantasmagoria曲感想記事一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました