「東京プラトニック/Royz」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

東京プラトニック収録CD紹介

・シングル「DAYDREAM」通常盤CType収録

東京プラトニック感想

イントロは疾走感に溢れていて、何だか夜の街を爆走しているようなカッコ良さにまみれています。

“薄ら笑いの街
溶け込み染まってく

君を見つけたあの日から
心は痛いままで
同じタバコに火をつけて
煙に包まれた”
―「東京プラトニック」歌詞(作詞:公大)より引用―

イントロからの疾走感はそのまま引き続き、夜の時間がより更けていくのを感じさせます。

「君を見つけたあの日から心は痛い」のは、自分が決して「君」に見合うような綺麗な存在ではない外を自覚しているからなんでしょうね。
なのに気になったりしてしまうと、それは確かに少し心が痛くなります……

“孤独な心の
隙間に入り込み
知らない香りを
撒き散らし
今にも壊れて
しまいそうな愛を
置いて消えてくの?”
―「東京プラトニック」歌詞(作詞:公大)より引用―

これまでの疾走感あるバンドサウンドから、テンポは同じように早いのに切ないピアノへ自然な繋がりで早変わりしていく様子が私の心を掴んで離しません。

プラトニックという言葉は純粋という意味を示すのですが、やはり後ろにラブが省略されているのかなって思います。
純粋な「好き」という感情が、タバコをふかすようなカッコつけの裏側に潜む孤独にするりと入り込んで今まで主人公が経験してきた事を平然とぶち壊しているんだなって思いました。

“愛する人に身を捧げた東京
真夜中響く吐息と
初めて君の口から
溢れた「愛してる」
ねぇ、忘れないから”
―「東京プラトニック」歌詞(作詞:公大)より引用―

この、大人なドライブの感じも良いです。でも個人的にはBメロの美しいピアノの方がやっぱり好きです。
何となく想像出来る光景が滅茶苦茶色っぽいのは気の所為なんでしょうか……私の心が穢れてしまっているだけでしょうか……

1人で寂しい夜とかに聴いてみては如何でしょう?
そうしたら頭の中では、妄想の中では、寂しさを忘れられそうな1曲だと感じました。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Apple Music通常配信音源

イヤホン:KZ ASF

イヤーピース:NITIUMI シリコンイヤーピース

リンク

東京プラトニック(DAYDREAM収録)/Royzの歌詞|『ROCK LYRIC』

Royz曲感想記事一覧
50音順です曲感想記事一覧・@bnormality・アルカロイド・IGNITE・クロアゲハ・疾風迅雷・Tear drop・DAYDREAM・DOLL・New AGE・NOAH・Honey Trap...

コメント

タイトルとURLをコピーしました