Rain fall/Sadie~レビュー126曲目~

~Rain fall収録CD紹介~

・10枚目のアルバム「THE BLACK DIAMONDS」収録

スポンサーリンク



~Rain fall感想~

収録アルバムのリード曲ともなっている、シングルカットされていても全く問題無いといえる程の、耳に残りやすいメロディアスなロックナンバーです。

“Lost in the rain
激しく止まない愛は
離れないでと届かない手と手
もう一度貴方の側で眠りたい
叶わないまま遠ざかる居場所
Rain fall”
―「Rain fall」歌詞より引用―

2人は雨の中で何かによって引き離されてしまうのでしょう。
離れたくなくて手を伸ばしたのに、その手が届かない場所まで遠ざけられてしまうのです。

“いつまでも続くはずの明日はどこで崩れたのか
新しい未来なんてどこにあるの?
答えは見つからない”
―「Rain fall」歌詞より引用―

別れが悲しくて、主人公はそれまで見えていた明日が、未来が全く見えない状態になってしまいました。
探しても、答えが見つかりません。

“Lost in the rain 儚く終わりを迎え
時が過ぎれば忘れられると
強がる言葉は嘘と知っていて
何度も名前が口元動かした”
―「Rain fall」歌詞より引用―

「何度も名前を呼んだ」などではなく、「名前が口元を動かした」という表現になっている辺り、主人公にとってその名前の持ち主が如何に大切な存在であったかを物語っていますね。自分で意識せずとも口が動いてしまうくらい、とても大事で、別れる前までは当然のもののようであった、という事なのでしょう。

失恋の深い悲しみを歌い続けている曲です。その悲しみから立ち直れずにいる方は一度この曲を覚えるくらい聴いてみて、口ずさみ、その悲しみを少しでも昇華してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク



~Rain fallリンク~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA