SANDY/SADS~レビュー181曲目~

~試聴~

~SANDY収録CD紹介~

・2枚目のシングル「SANDY」収録

・10枚目のシングル「DISCO」収録(再録)

・2枚目のアルバム「BABYLON」収録(Remix)

・ベストアルバム「GREATEST HITS~BEST OF 5 YEARS~」収録



~SANDY感想~

本レビューでは、定額配信サービスでも配信されている「DISCO」収録の再録版を聴きながらレビューしています。

イントロから力強いボーカル・清春さんのコーラスと、疾走感の強い、ヘヴィなロックサウンドが堪能出来る、攻めのキラーチューンとなっています。

“SANDY 衝撃と 愛されるべき表情で
SANDY 君が見た 感傷的な純粋を
SANDY 豹柄の シーツでばらまいたせいで
SANDY ゆっくりと 僕は虜になれていった”
―「SANDY」歌詞より引用―

歌詞の主人公である「僕」が、いかに「君」の虜になっていったのか、その光景が描かれています。

愛されるべき表情とありますから、きっと「君」は美人な女性なのでしょうね。

“SANDY 巻き付いた 手の平は柔らかすぎて
SANDY さわるたび 想像力が悪化した
SANDY 味気ない 動作続ける無邪気さに
SANDY 浴びるほど 許して笑う僕がいた”
―「SANDY」歌詞より引用―

一体僕と君は何をしているのでしょうか。
触る度に想像力が悪化するのですから、理性を失い本能で行動したくなる程に、興奮する事をしているのでしょうか。

こんな歌詞が攻撃的なロックチューンと共に飛び出すのですから、聴いている方はたまったものではありません、ハートを鷲掴みにされる筈です。

“眠れないままでそう 君を待っていた
眠れ 自覚症状 “君を待っている””
―「SANDY」歌詞より引用―

睡眠不足である事も、「僕」が理性を失いやすくなる一因なのだと思います。

睡眠不足で理性の抑えが効かない頭での本能的なキラーチューン、是非堪能してみて下さい。



~リンク~

sads SANDY 歌詞―J-Lyric.net
SADSレビュー曲一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました