「幻の命/世界の終わり」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

世界の終わり/幻の命

幻の命収録CD紹介

・シングル「幻の命」収録

・アルバム「EARTH」収録

幻の命感想

ピアノがとても切なく響きます。
その後にクリーンギターなどが合わさり、幻想的な雰囲気にはなっていくのですが、切なさはどこか隠せずいるような気がします。

“白い病院で死んだ 幻の命に
眠れない夜に夢で逢えたらと 蒼い月に祈るんだ”
―「幻の命」歌詞(作詞:深瀬慧)より引用―

幻想的な雰囲気の中に突如現れる、「白い病院」という言葉の強い存在感が凄いです……
なのに、全体的に幻想的な雰囲気と、その切ない空気を崩さない程度の存在感でもあるっていうのがまた。

“幻に夢で逢えたら それは幻じゃない”
―「幻の命」歌詞(作詞:深瀬慧)より引用―

ちょっと力強く響くこの言葉が何だか心に残ります。
「夢で逢えたら それは幻じゃない」……夢では逢う事が出来るのかもしれませんが、現実では絶対に逢うことが出来ないと決めつけているようです。

それが何でなのかは、もう少し後になると出てきます。

“白い病院で「死んだ」 僕達の子供は
「もうこの世界にはいない」のに何で何も 感じないんだろう”
―「幻の命」歌詞(作詞:深瀬慧)より引用―

子供は多分、死んだ訳では無いんです。
多分なんですけど、そもそも生まれてすらいなくて、でももう生まれる事が出来ない子供達なんだと思います。

例えば、病院の手術でやむを得ず生殖能力を失ってしまったのではないでしょうか?
だからもう二度と、この世界で生まれてくる事が出来なくなってしまった子供達への鎮魂歌なのではないかと考えると、幻想的な雰囲気も切ない雰囲気なのも何だかしっくりと来る1曲です。

視聴環境

再生機器:Xperia XZ3
接続機器:SONY WALKMAN NW-A55(Bluetooth接続/DSEE HXオン)
再生音源:Apple Music通常配信音源

イヤホン:TRN MT1

リンク

世界の終わり 幻の命 歌詞-J-Lyric.net

SEKAI NO OWARI曲感想一覧
50音順です曲感想記事一覧・RPG・世界平和・幻の命リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました