己龍単独巡業「千幾鵺行」Zepp DiverCity Tokyo公演~酒井参輝生誕祭~を配信で見てみた!

ライブレポート

セットリスト

1.恋心-再構築-

2.転生輪廻

3.獄焔

4.鵺

5.無垢

6.道化

7.私ハ傀儡、猿轡ノ人形

8.千鶴

9.鬼ノ傀儡

10.怪火

11.蛾ゲハ蝶

12.手纏ノ端無キガ如シ

13.天邪鬼

14.鏖

15.

16.獅噛ミ桜

17.愛シクモ切ナイ仄甘ク喘グ其ノ声ヲ…

18.白濁セシ蝶

19.アナザーサイド

20.伽藍堂(酒井参輝歌唱ver.)

感想

まず入場から雰囲気が違いましたね!

いつもだったら先に楽器隊が入場して最後にボーカルが入場するのですが、今回はギターの酒井参輝さんの生誕祭という事もあり、ボーカルも先に入場して、参輝さんが最後に入場し、少しの間ボーカルのお立ち台でギターを弾いておられました。

セットリストも転生輪廻や無垢等、参輝さんがコーラスとして参加している曲がふんだんに取り入れられています。

個人的には、本編ラストが螢なのは何だか予想していませんでした。何だか違う曲のような気がしていて、「あ、ここで螢なんだ?」と何故かちょっと驚いてしまうという。

アンコール後の最後の参輝さんの言葉にはちょっと泣きそうになってしまいましたね。

確かに、血の繋がりの無い人から「生まれてきて下さってありがとうございます」と言われる人生なんてなかなか無いですよね……

そして、最後の伽藍堂。

参輝さんはボーカルの眞弥さんよりちょっとキーが低めなので、凄い、原曲よりも重々しくて、どこがががらんどう(何も無い、すっからかん的な意味)やねんと突っ込みたくなるような無茶苦茶カッコイイ伽藍堂を聴く事が出来ました。

どこかで音源化されないでしょうか……?

多分されないんだろうなぁ、その音色は心に録音しておく事にしよう……

コメント

タイトルとURLをコピーしました