「きたないことば/SuG」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

きたないことば収録CD紹介

・アルバム「Lollipop Kingdom」収録

きたないことば感想

「きたないことば」というタイトルからは全く想像が出来ない、美しいストリングスとピアノが印象的なイントロ。

“きたないことば きみはなぜしんじてるの?
きれいなだけのことばはね すぐうらぎるから

とほうにくれてる てんしたちのなきがおがみたい?
ふきんしんな どうとくのないあそび”
―「きたないことば」歌詞(作詞:武瑠)より引用―

Aメロも、とても優しい音がします。

「きれいなことば」に裏切られて信じられなくなった主人公は、「きたないことば」を信じていて、主人公を幸せにしたい天使はとても困ってしまっているのでしょう。

その天使は目に見えない、スピリチュアルな意味での天使かもしれませんし、傍で主人公の幸せを願う家族や友人などの、実在の人間かもしれません。

その辺りは聴く人によっても解釈が変わってくる所のような気がします。

“繰り返し魅せる 愚かな人形劇
眠れる羊と祈る羊飼い”
―「きたないことば」歌詞(作詞:武瑠)より引用―

どうもAメロのひらがな歌詞は、人形劇の中の台詞だったようです。
全てひらがなだったので、純粋な子供に繰り返し見せるような劇のようですね。

「ふきんしん」など、中々子供向けには見かけない言葉もありましたので、本当の子供に対してもですが、聴いている方の心のどこかにきっといる、純粋な子供のような心に向けての劇なんだろうと思います。

将来迷える子羊にならないように祈りながら見せる人形劇、なのでしょうか。

“名もなき詩 孤独に舞い散る 信じられるのは 道連れの愛だと
堕ちる 絶やす 大地は枯れゆく 抉るように 残す爪痕
問う 正義とは 問う 悪とは 問う 存在する理由を”
―「きたないことば」歌詞(作詞:武瑠)より引用―

穏やかで優しい雰囲気は保ちつつも、壮大さと力強さが少しずつ増していくサビ。
ギターとストリングスの組み合わせが素敵です。

主人公は本当に色々あったのでしょう。道連れの愛だけを信じられるようになっています。自分が堕落したら相手も一緒に堕落してくれるような。

「大地は枯れゆく」という言葉からは、主人公の感情が無くなっていくイメージがあります。無くなっていく感情の中で残っている爪痕。それは過去の記憶なのだと思います。

裏切られた記憶がトラウマのように残っているのかもしれません。

何が良くて、何が悪くて、どうして自分がいるのか、問いかけていますが、答えが返ってきているイメージはありません。

天使はいなくなってしまったのでしょうか。それとも、いて答えようとしているけれど、主人公の耳には全く届いていない状態であるとも考えられます。

壮大さもありながら、包み込むような優しさもあり、「きたないことば」というタイトルからは全く想像が出来ない程、とても綺麗な楽曲です。是非一度、聴いてみて下さい。

リンク

SuG きたないことば 歌詞
SuGの「きたないことば」歌詞ページ。「きたないことば」は、作詞:武瑠、作曲:yuji。
SuG曲感想記事一覧
50音順です曲感想記事一覧・きたないことば・Crazy Bunny Coaster・gr8 story・桜雨・無条件幸福論リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました