「INVOKE-インヴォーク-/T.M.Revolution」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

T.M.Revolution『INVOKE-インヴォーク-』

INVOKE-インヴォーク-収録CD紹介

・シングル「INVOKE」収録

・アルバム「coordinate」収録

・ベストアルバム「1000000000000」収録

・ミニアルバム「X42S-REVOLUTION」収録

・セルフカバーアルバム「UNDER:COVER」収録

INVOKE-インヴォーク-感想

今回は、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」のOPテーマ曲でもある「INVOKE-インヴォーク-」の感想を書いてみます。

まずはゆったりしたテンポで、綺麗な音楽が流れたと思ったら、まさに宇宙を高速で駆け巡るイメージでテンポアップしていきます。

“擦れ違い急ぐたびに ぶつけ合い散切れ合う
互いの羽の痛み 感じている

淋しさに汚れた 腕で抱いた
それ以外の何かを 知らないから

繋がる瞬間 目覚める永遠 待ち焦がれる”
―「INVOKE-インヴォーク-」歌詞(作詞:井上秋緒)より引用―

小刻みなリズムと無機質な音が何だか工的な空間を形成しているような気がするAメロ。

アニメ本編の設定を考えると親友の事でしょうが、別に恋人とかに置き換えても問題は無くて、主人公にはとにかくそういった、とても大切な、親しい間柄の人物がいます。

ぶつかり合って、互いに自分ではなく相手の羽の痛みを感じ合う程に共感する相手が。

それを癒すのにはとにかく抱きしめる事しか知らなくて、傷を舐めあうように抱きしめ合う日もあるのでしょう。

Bメロは何だか怒涛の展開!という印象のメロディです。
急速に世界が開けていくような感じがしますね。

“速過ぎる時の 瞬きに晒されて
独りでは届かない
願いなんて消えそうなコトバじゃ
辿り着けない”
―「INVOKE-インヴォーク-」歌詞(作詞:井上秋緒)より引用―

ここで、冒頭の綺麗な音が奏でていたのはサビのメロディなのだとわかります。

「願い」という言葉は、あまり積極的に行動するイメージが無く、どちらかと言えば受動的なイメージです。

そんな弱々しい言葉ではいけないというなら、例えば「決意」とか能動的な感じの言葉にしないとその想いを現実のものに出来ないという事なんでしょう。

キラキラとした綺麗な音がふんだんに散りばめられていて、無機質な輝きを放っているんじゃないかと感じられる一曲です。

リンク

T.M.Revolution INVOKE 歌詞
T.M.Revolutionの「INVOKE」歌詞ページ。「INVOKE」は、作詞:井上秋緒、作曲:浅倉大介。
T.M.Revolution曲感想記事一覧
50音順です。曲感想記事一覧・INVOKE-インヴォーク-・HOT LIMITリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました