「STILL TIME/徳山秀典」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

STILL TIME収録CD紹介

・シングル「STILL TIME」収録

・アルバム「REAL TIME」収録

STILL TIME感想

どこか荒れ果てた荒野を思わせるギターサウンドが、アウトローに響いているカッコ良いイントロから始まるこの曲。

“誰かが捨ててしまった
昨日を拾い上げ
がむしゃらに 手をのばした
答えをつきつけて”
―「STILL TIME」歌詞(作詞:徳山秀典)より引用―

Aメロも引き続き、シンプルにカッコ良い作りです。

過去は捨ててしまっても、決してなくなるものではなく、「こんな過去を持っていたのだから、今のお前がどれだけ取り繕っても、過去にこんな人間だったのは事実だろ?」と一番大事な所で進路を塞いできたりします。

そんな過去を、相手につきつける側の人間が主人公という事なのでしょう。

“何を手に入れても 満足することはない
複雑に絡んだ 心の隙間から逃げ出せ”
―「STILL TIME」歌詞(作詞:徳山秀典)より引用―

流れるようなメロディが印象的なBメロ。ここの、「なぁい」と伸ばしながらも言い切る所と、「逃げ出せ」の力強さが個人的には好きな所です。

“そうさ Make a Treasure
錆び付いた時の中に 君の声を聞く
このまま届けたい 光の中
君が待ってる そう信じてるから

今すぐに”
―「STILL TIME」歌詞(作詞:徳山秀典)より引用

この曲は「幻想魔伝 最遊記」の後期オープニングテーマなのですが、最遊記では玄奘三蔵が囚われている悟空を助け出すシーンがあります。その後その理由を聞かれて、助けを呼ぶ声が聞こえてうるさかった的な回答をしていた事があり(超うろ覚えですが)、そのシーンを連想するような歌詞となっています。

多分当時の三蔵様はここまでは思っていなかった、もしくは思っている事に気がついていないのでしょうが……

最初のアウトローな雰囲気から、それを抜け出して君のいる光輝く世界へ……恋愛ソングのように捉えてみてもとても良い曲だと思います。

リンク

徳山秀典 STILL TIME 歌詞
徳山秀典の「STILL TIME」歌詞ページ。「STILL TIME」は、作詞:黒沢健一、作曲:黒沢健一。
徳山秀典曲感想記事一覧
50音順です。曲感想記事一覧・STILL TIMEリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました