「白昼夢/ヴァージュ」を聴いてみた!

音楽感想

動画

ヴァージュ 白昼夢 MV FULL

白昼夢収録CD紹介

・4枚目のシングル「私ノ悪イ癖/白昼夢」収録

・1枚目のアルバム「Gracia-ガラシャ-」収録

白昼夢感想

アルバムが先に出て、その後シングルカットされた名曲。
イントロからピアノが切なく響きます。

“僕の目にはもう見えない
君の目にももう見えない
真っ暗な部屋に置いてきぼりにした
遠い遠い過去”
―「白昼夢」歌詞(作詞:遼)より引用―

切ないピアノに呼応するかのように、聞こえるか聞こえないかくらいの微かな声で歌うボーカル・遼さんの声がさらにこの曲の切なさを際立たせています。

“泣いて泣いて泣いた夜
届かない今日ユメ
きっと明日も何も変わらない
もう戻れない
探し続けても君はいない
さよなら
さよなら
さよなら”
―「白昼夢」歌詞(作詞:遼)より引用―

サビからは声もやや強めになり、しっかりと美しいメロディが聴こえて来ます。
「僕」と「君」は、かつては2人一緒にいたけれど、別れてしまったのでしょうか?
Aメロの、「君」にも「僕」にも見えない、「真っ暗な部屋置いてきぼりにした遠い過去」は、2人で一緒にいて幸せだった時間のことなのかもしれません。
「君」と別れて「僕」は、悲しかったり寂しかったりして泣いてしまったけれど、もうあの幸せな今日を経験出来た日々には戻れない、そんな気持ちなのだと思います。
続く「さよなら」の連続が、心に切なく響いて来ます。

この後に少しのクリーンギターを経て響く間奏のギターの音が、かなり情緒溢れていて個人的にはとても好みです。
そんな音色を皮切りに感動的に展開していく1曲となっていますので、是非一度聴いてみて下さい!

リンク

ヴァージュ曲感想記事一覧
50音順です。曲感想記事一覧・白昼夢・夜想リンク

タイトルとURLをコピーしました