「そのときには/ゆず」を聴いてみた!

音楽感想

試聴

動画

ゆず「そのときには」Music Video

そのときには収録CD紹介

・配信限定シングル

そのときには感想

凄く爽やかに、小気味よいリズムで、クリーンギターが鳴り響きます。

柔らかさと爽やかさばかりが伝わってきます。
聴いているとそれだけで笑顔になれますね。

勿論、「そのときには」というのは、新型コロナが収束した時の事を示しているのだと思います。
乗り越えたらまた何気ない日々が始まるから、その時にはちゃんと、生きて朝を迎えられる喜びを噛みしめよう。
ソーシャルディスタンスを保つ為に、今は会えない人達とも、コロナが収束した時には会って、色んな話をしよう。

“文句ばかり言っていた 会社に一番乗りで
なんなら掃除でも しながらみんなを 待っていよう そのときには”
―「そのときには」歌詞(作詞:北川悠仁)より引用―

こんな、本当に何気ない日常を歌詞で示しながら、その日常がどれだけ光輝くものであったかを曲調と歌声で示しています。

会社に一番乗りっていうのは、何も不安なく外に出られる事が嬉しくてつい一番乗りしてしまったんでしょうかね?とても微笑ましい光景です。

“腹の底から笑って叫んで 泣いたっていいんだ
顔を寄せ合い 抱きしめ合おう そしてありのままに 歌おう”
―「そのときには」歌詞(作詞:北川悠仁)より引用―

「腹の底から」っていう所のリズムと「笑って」の伸ばし方の差が何だか、個人的に好きなサビです。

今は笑ったり叫んだりは飛沫が飛ぶ観点からマスク無しでは避けた方が良い行為なのでしょうが、当然、「そのときには」思いっきり感情を出して良い訳です。
いつかこんな事が再び出来る日常が戻ってきたらいいな、と思える楽曲ですね。

リンク

ゆず そのときには 歌詞-J-Lyric.net

ゆず曲感想記事一覧
50音順です曲感想記事一覧・そのときにはリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました