「ペイント/Z clear」を聴いてみた!

音楽感想

動画

Z clear『ペイント』FULL lyric video

ペイント収録CD紹介

・シングル「ペイント」収録(会場限定販売)

ペイント感想

(歌詞は動画からの書き起こしさせていただきました)

再生するといきなり加工された声で、「未来は何色?」「あなたは何色?」と反響しながら聞こえてきます。

そして、「Let’s Go!!」の掛け声と共に、楽曲は疾走を始めます。

“未来は 何色でも そう あなた色でしょう
つまずいても 塗り潰せ 好きに描いて行け
色踊るキャンパスが 物語るペイント
余白は広くまだ残っている”
―「ペイント」歌詞より引用―

同期の音は青空が広がるように爽やかで、バンドサウンドはそこに飛び出していく力を与えてくれるようです。

未来は明るいのか暗いのかなんて心配せずに、自分の好きな色で好きに描いていいんだと言っています。

ここでいうペイントって多分人生そのもので、まだまだ色んな人生に出来る時間は沢山あるんだという事なのでしょう。

“うるさいくらいに
映るレールの果ては
やりきれない程 狭苦しい場所さ
だんだん哀楽さえも 消え迸る様に散る
大体そんな型ハマりのご時世を歩んで行く”
―「ペイント」歌詞より引用―

最初は反抗心を抱えて吐き捨てるかのように歌われていますが、「だんだん哀楽さえも~」からはメロディの雰囲気が変わり、そんな反抗心すらも消え去ってしまったかのようです。

大体そうなんですよね。
子供の頃はあんなに大人に反抗していたのに、大人になってからは反抗せずに上司の言いなり……みたいな人も結構いるのではないでしょうか?

“プライドなんて価値無いくらい
自分の地位を求めて TRY
YES OR NOだけじゃ 格好つかない
既に断ち切った AGAIN”
―「ペイント」歌詞より引用―

デスボイスでパワフルに歌われるのは飽くなき向上心。
結果の為にはプライドもかなぐり捨てて、1回断ち切ってしまった反抗心を呼び戻して、それを力に地位を追い求めていくのでしょう。

“世の中の荷が重い圧力
生きていく中の試練だけど
(You’re not alone)
一人きりで殻に籠り
どうしてそう大人ぶる?
筆走らせ自由に”
―「ペイント」歌詞より引用―

展開が沢山ありますね!

Aメロがあって、Bメロがあって、Cメロでデスボイスして、Dメロが登場しました。というか、こういう分け方自体がこの曲の前では無意味です。

最初にサビを堪能したとは言え焦らしてくれます……!

そんな焦れている想いの中で1人じゃないと、自由に筆を走らせようと寄り添って下さるものだから次のサビでは普段は殻に閉じ込めているものを色々と解き放ちたい気分になります。

そしてサビが再びやってきますので、もうここではさっき解き放ちたい気分になったものを解き放ってしまいましょう。

そうしてストレスを解消して、本当にフリーな気持ちで未来を描けたらそれが一番良いのではないかと思いますので、ストレスで雁字搦めな人にオススメな1曲です。

きっと学生などの若い世代向けの曲ではあるんでしょうが、良い年した大人が聴いても良いと思います。
いや高齢者になってもきっとまだ、アートの最終的な出来を左右するくらいにはキャンパスに余白がある筈……!

リンク

Z clear曲感想記事一覧
50音順です曲感想記事一覧・ペイント・リアルリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました