パラフィリア/零[Hz]~レビュー171曲目~

~試聴~

~パラフィリア収録CD紹介~

・1枚目のアルバム「零聖戦」収録



~パラフィリア感想~

拳ノリでライブで盛り上がっているのが目に見えるくらいヘヴィなサウンドで奏でられるハードな1曲です。

ちなみに、歌詞のタイトルにある「パラフィリア」とは、性的倒錯とか性異常嗜好の事を示す様です。普通ではないという事ですね。しかもWikipediaでの分類を読んでいると、変態的なものが多いようです。

“間違った愛の存在証明?
倒錯的に君を縛って
愛されたいシナプス奪うのです
必要悪の喉越しと繰り返される空虚な言葉
消えて 裁け
指先で示す”
―「パラフィリア」歌詞より引用―

歌詞の主人公はパラフィリアであり、自分の嗜好を満たす通常ではない縛り方を君に強いているのだと思います。
そして主人公は恐らく自分の行為を、必要悪と思い込む事で自分の中で正当化しようとしているのでしょう。そして君からは例えば、「やめて欲しい」といった言葉が繰り返されているのですが、主人公には全く響かない。そんな状況なのではないでしょうか。

“奇を衒うとかさ
妄想でしかないから”
―「パラフィリア」歌詞より引用―

縛られている君が現状に耐えきれず、奇を衒ってこんな行為をしているのかを主人公に問いかけるが、主人公は奇を衒うつもりなどなく本当に本気でやっている―そんな光景が目に浮かぶようです。

“狂おしい程愛して
踊り疲れた後も君を抱いていたいと願うよ
傲慢すぎる美徳に喘ぐ声すらも出ない鬼は
笑い方も忘れてしまったようだ…
The excites you…”
―「パラフィリア」歌詞より引用―

あまりに君が愛しすぎて、ついつい笑い方すらも忘れて真顔で迫ってしまうような、そんな感じなのでしょうか?

聴いているとテンションが上がっていくので、ライブでもきっと凄く盛り上がるキラーチューンになっている曲なのだと思います。
歌詞の中の「君」に自分を投影して、好きな相手から自分が異常な嗜好を受けている……そんな妄想をしてみるのも良いかもしれませんね。



~リンク~

パラフィリア(零聖戦収録)/[Hz]の歌詞|ROCK LYRIC
[Hz]レビュー曲一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました