定額制カラオケサービス「HEYAPASS(ヘヤパス)」について考えてみた

コラム

皆様は「HEYAPASS(ヘヤパス)」というサービスはご存知でしょうか?

定額でカラオケルームが利用出来るというサービスなのですが、残念ながら2020年1月31日でのサービス終了が発表されてしまいました。

参考:定額制カラオケ『HEYAPASS』サービス終了のお知らせ(現在サイトごと削除されています)

最初このサービスを見た時はとても画期的なサービスだと思い、私自身も2018年に1回だけ利用させて貰った事があるのですが、何故こんな事になってしまったのか、自分なりに考えてみました。

※2020年4月現在、サービス終了に伴いサイトごと無くなってしまったようで、今はページを確認する事が出来ません。

ただ、確実に行われていたサービスではありますという事でJOYSOUNDさんのツイートをご紹介しておきます。

『HEYAPASS(ヘヤパス)』とはどんなサービスなのか?

『HEYAPASS(ヘヤパス)』は先程もお伝えした通り、定額でカラオケルームが利用出来るサービスとなっています。

正確にはプランはシンプルに1つで、月1980円で回数無制限、各2時間まで利用可能なベーシックプランがあります。

ただし私が利用していた頃は、月500円で1ヶ月に3回、各1時間30分まで利用可能なライトプランというものもありました。私はライトプランでのみ利用をしていました。

また、定額でカラオケルームが利用出来るというサービスなのですが、決してカラオケパスなんて名前ではなく『HEYAPASS(ヘヤパス)』というサービス名が示す通り、将来的には色んな企業と提携して色んな部屋を提供する事を目的としていたようです。

個人的には、ここをしっかりとアピールする意味で、ネットカフェとの提携等していれば良かったかなと期待していただけに、それが実現すること無くサービス終了に至ってしまったのは残念な気持ちがあります。

私の『HEYAPASS(ヘヤパス)』利用体験談

私がかつて『HEYAPASS(ヘヤパス)』を利用した時の感想を、別のブログに書いていたものから再編集して改めて書きたいと思います。

利用したのは2018年6月、ライトプランで1時間予約、広島のカラオケ館にて利用させていただきました。

まず受付で予約画面を提示、その際にドリンクを一つ注文して入室するシステムです。

1時間予約で入れた筈なのですが、店員から1時間30分ですか?と聞かれてしまいました。その時はカラオケ館はヘヤパスを導入したばかりでしたから、もしかしたら細かい時間までは店舗側に伝わるようにシステムが整っていなかった時期なのかもしれません。

しかしそれは、予約画面をしっかり提示する事で解決する問題だと思い、当時はあまり気にしていなかった事を覚えています。

また、利用機種を聞かれたので、部屋は多分特定の部屋を予約している状態では無かったとおもいます。本当にその瞬間空いている部屋を提供するサービスという感じです。

カラオケに突然飛び込んで行くと、今部屋がいっぱいで何分待ちです、と言われる可能性があるけれど、予約だけはしているからその心配が無い、と。

そして頼んだドリンクを飲みながら1時間利用、会計時に一瞬、通常通りのルーム料金とドリンク代を請求されるも今日はこれを使いましたと、ヘヤパスの画面を提示したらすぐにルーム料金無料に修正してもらえました。

念の為、受付時に伝票に何も書込みなどされて無かった場合は会計時にも予約画面を用意しておくと良いかも知れません。

当時はカラオケ館に導入し全国展開されたばかりで、まだあまり使われてないサービスだった為にマニュアルや教育がしっかりされてなかったんだろうな、という気持ちがありましたが、この辺りはサービスの知名度が上がり、利用者が増える毎に良くなっていくと思っていました。

結構気軽に利用出来て良いと思ったので、ライトプランであればちょっとそこらへんのカフェで休憩する感覚で利用出来るサービスだったと思います。

『HEYAPASS(ヘヤパス)』のライバルについて考える

サービス終了を発表してしまった『HEYAPASS(ヘヤパス)』ですが、どんなライバルサービスがあったのか、「定額でカラオケが出来る」という観点から考えてみました。

中でも私が利用した事のあるサービスのみ紹介します。

auチューズデイ(カラオケ割引は2020年9月末で終了予定)

定額払えばカラオケが利用出来るサービスとして一番最初に思い浮かんだのはauチューズデイです。

auユーザーであれば月499円で利用出来る、「auスマートパスプレミアム」に入るか、auユーザー以外の方でも、月300円から利用可能な「うたパス」に入れば利用可能なサービスで、毎週火曜日のカラオケ利用料金が1200円引きで利用出来るというサービスです!

『HEYAPASS(ヘヤパス)』は、同じ500円で利用できたライトプランで比較してみると、曜日を問わないとは言え1時間30分での利用なのに対し、auチューズデイは火曜日限定ではありますが、店舗によりますが、ルーム料金を1200円以内に収めてしまいさえすれば無料で利用可能なのです。

最近のカラオケ店は安くて、平日フリータイムをめいっぱい利用しても1000円いかない店舗も多数あります。

また、『HEYAPASS(ヘヤパス)』は非会員の方も一緒に予約することが出来ますが、非会員の方は通常通りの室料がかかるのに対し、auチューズデイは1200円に収まりさえすれば何名でも利用可能です。

正確には、1200円×会員人数に収まれば良いので、大人数でも数人のauチューズデイ会員がいればルーム料金無料……そんな事も店舗と時間帯によっては可能です。

★関連記事★
auスマートパスプレミアムに入るとauチューズデイも利用可能です。

auスマートパスプレミアムで音楽を聴く方法【月額税抜499円で音楽聴き放題】
auスマートパスプレミアムで音楽聴き放題を楽しむ方法について紹介します。

nana

最近はアプリでも無料でカラオケが楽しめるものが増えてきていますが、有名な曲ならあるけれど、少しマイナーな曲になると全く配信されていない……なんてものもあったりします。

その点オススメなのはnanaというアプリで、1曲最大1分30秒までではありますが、他のユーザーが制作した音源でカラオケを楽しむ事が出来ます!

他のユーザーが制作した音源で歌う事が出来ますが、裏を返せば、あまりにマイナー過ぎて誰も音源を作っていない曲があったとしても、リクエストを募集しているユーザーさんにリクエストしてみたり、自分で作ってしまえばOK!

基本無料で利用が出来ますし、広告が無かったり、追加機能を楽しむ月額580円の有料プランも存在します。

ライバルが強すぎた?

このように強力なサービスや、無料カラオケアプリが台頭した事により、定額で最大2時間まで利用出来る「HEYAPASS」の利点が、利点として機能しなくなったのが、サービス終了の最大の原因になってしまったのではないかと思います。

私も、ライバルサービスの方が便利すぎてそっちばかりを使っていたので、「HEYAPASS」サービス終了の報を見てもさほど残念にも感じず……というのが正直な所です。

折角「HEYAPASS」という名前であり、決して「KARAOKEPASS」ではなかったのですから、例えばネットカフェなども定額で借りられるサービスになっていれば、終了とは違う道も開けたのではないか?とも思いました。と同時に、今後そういう、カラオケもネットカフェも定額で使えるサービスが出てくる事を期待しています。

タイトルとURLをコピーしました