THE FINAL/Dir en grey~レビュー157曲目~

~THE FINAL収録CD紹介~

・メジャー16枚目のシングル「THE FINAL」収録

・メジャー5枚目のアルバム「Withering to death.」収録

・メジャー2枚目のミニアルバム「THE UNRAVELING」収録(再録版)

・ベストアルバム「DECADE 2003-2007」収録

・ベストアルバム「VESTIGE OF SCRATCHES」収録(再録版)



~THE FINAL感想~

まるで金属質なもので出来ている地下室の中にいるかのような音にバンドサウンドが絡んで行きます。

重厚感と神秘性が同居しているようなイメージを抱きますね。

“解けてしまう意図を見つめ…
文字に出来ない左手です
血を流す度に生きてる理由わけ
見出す言葉が鮮やかで”
―「THE FINAL」歌詞より引用―

恐らく、主人公は既に左手を切ってしまっているのではないでしょうか。
そこから血が一筋流れる様を糸が解けていく様子に例え、引いては自分の生きたかった意味が無くなり死にたくなった様子と捉え、「解けてしまう意図」としたのではないでしょうか?
そして、その血の糸を眺めながら、生きる意味を痛みと共に思い出しているのではないでしょうか。

“手の中には愛すべき人さえも
華々しく散って
手の中には生きた意味刻んでも
虚しき華と散る
The final”
―「THE FINAL」歌詞より引用―

その手で守るべきだった愛する人達は既に主人公の前から姿を消してしまいました。
リストカットをして折角生きる意味を思い出しても、その意味は思い出した側から無意味なものとなり消えていきます。愛する人を失くした事により主人公の感じている絶望の前では無力なのです。

“So I can’t live…
そう無くしたモノはもう産まれない
生きてる証さえ求められない歌”
―「THE FINAL」歌詞より引用―

無くなってしまったものは、同じものはもう二度と戻って来る事はありません。
この歌は、そんな痛み、絶望をただただ吐き出す為だけの歌で、生きていた証になる事を作り手が求めていない……そんな歌なのだという事なのでしょうか。

この曲には救いはあまり感じられません。だからこそ痛みに徹底的に寄り添ってくれる……そんな楽曲だと思います。



~リンク~

Dir en grey THE FINAL 歌詞―J-Lyric.net

Dir en greyレビュー曲一覧はこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました