「情ノ華/朧月夜」(己龍17枚目のシングル)収録曲感想

CD紹介

試聴

収録曲紹介

情ノ華(全タイプ共通)

煌びやかに華やかに、その瞬間瞬間に訪れる、燃え上がり舞い上がる命の力強さを描く曲。

花びらが一枚一枚ゆっくりと、しかし確実に開花してゆく雰囲気を感じられます。

アニメのOPのタイアップが取れたのも何だか頷ける気がします(ヴァンガード自体は残念ながら見る事が出来ていないので、作品のテーマに合っているかどうかなどはわからないです……)

朧月夜(全タイプ共通)

情ノ華で咲き誇ったイメージのある花が毟られてしまう陰鬱な曲。

ただ枯れるんじゃなくて、人の手で毟られてしまうのが何とも無情。

情ノ華が色とりどり、極彩色のイメージならこちらは暗鬱、白と黒、他にあるとすればせいぜい月の朱色でのみ描かれるイメージです。

オナジアナノムジナ(Cタイプのみ)

語呂と語感が楽しい処刑曲。

罪人と、処刑の様を見物し見世物として楽しんでいる人物は、結局「オナジアナノムジナ」なのでは?と思える一曲です。

1つの命を終焉を目の当たりにして、こんな一面がある事を丸裸にされてしまうのもまた一興です。

雪月花(Dタイプのみ)

「オナジアナノムジナ」が命の終焉を眺める曲なら、こちらはどちらかというとある意味、命が生まれるきっかけを描いているかもしれません。

タイトルは何だか大人しい感じなのですが、楽曲を聴くと極彩色の光景が襲いかかってくるかのような一曲。

まとめ

命とは?生きることとは何ぞや?をまたまた色々な面から考えさせられるシングル。

唯一タイアップ曲があるのでともすれば代表作ともとられがちな一枚の筈なんですが、そこで変に万人受けを狙っていない辺りが良いなぁって思います。

リンク

己龍記事一覧
シングル公式サイトを見ると「朱ク散ル僕ノ蒼」は正式に2nd Maxi Singleと銘打たれていますが、その前が会場限定や完売御礼品のシングルが多くて、どれが1st Singleなのかよくわからず、個人的見解で「アナザーサイド」を1st S...

コメント

タイトルとURLをコピーしました